2011.10.04

目ヂカラアップ!アイラインペンシル活用術

アイメイクの重要なカギとなるのはやっぱりアイライン!

そして断然デカ目を目指すあなたにオススメしたいのはずばり「ペンシルライナー」。

細ラインからぼかし技まで、幅広く活躍しちゃうペンシルを使いこなそう!
 

ペンシル選び

2種類のペンシルタイプがあるよ。自分に合いそうなものを選んでね!

 

・ 鉛筆タイプ

鉛筆削りなどで芯を削って、自分でラインの細さを調節できるよ。

キャンメイク ニュアンスライナー 各¥400

http://www.canmake.com/eye/690.html

 

 

・繰り出し芯タイプ

芯を自分で削る必要がなく、いつも同じ細さのラインがかけるよ。

 

 キャンメイク アイライナーペンシル 各¥400

http://www.canmake.com/eye/396.html

 

アイラインはメーカーによって色も豊富にあるので選ぶのも楽しい!!

姿勢よく、腕がブレないように

アイラインは、ちょっとのずれも目を閉じた時に気になってしまうもの。姿勢よく、できれば肘を机に固定させて書けば、ズレにくいよ。

 

まずはインサイドをひこう。インサイドとはまつ毛の隙間、皮膚と粘膜の境界線のこと。

ここをしっかり埋めることで、目の奥行が立体的に!!

書くときは、まぶたを持ち上げると書きやすい。

上まぶたは3か所にブロッキング

写真のように、まぶたを3つにブロッキング。

インサイドラインのように一回でサーっとひくのではなく、ペンを小刻みに動かしながら少しずつひこう。

 

まずは目尻から中央へ

インサイドをなぞりつつ、インサイドよりも太めに書いていく。

目を開けた時にラインが見えるくらいでOK

次に、目頭~中央

こもインサイドをなぞる!丁寧にかこう。

まぶたを引き上げると書きやすい!

最後に中央を調整

 

左右から引いてきたラインをナチュラルにつなげよう。

黒目を強調するためには中央は太めの線が効果的!

ペンシルタイプは目尻より長くラインを引くのに向いていないので注意!


下まぶたの書き方その1、目尻から2分の1ラインで「たれ目」

下まぶたの目尻インサイドから中央インサイドへ書こう。

そして目尻を指でぼかす、これだけで流行りのたれ目が即完成!!

上まぶたとのラインとつなげて「くの字囲み」するとキツイ印象になることも…。

下まぶたの書き方その2、ブラウンの中央ライン強調で「デカ目」

目の中央(黒目の下)だけにラインをいれるとまんまる黒目に!

ブラウンなら自然にかけるよ。

 

下まぶたのインサイド全体に細くラインを入れてから、中央を太めにかいて馴染ませるのもGOOD!

おわりに

いかがでしょうか?これをマスターすればペンシル一本ですぐにナチュラルでか目!

【アイライン前】

 

【アイライン後】

 

あ、あなたも今日からペンシルマスター☆彡

関連記事