2016.11.30

「一途に愛される女」と「浮気される女」の違いとは?

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
あなたの周りに、誰と付き合っても一途に愛される女性、または誰と付き合っても浮気されてしまう女性っていませんか?
誰だって、付き合っている彼からは一途に愛されたいもの。今回は、その両者の違いについて見ていきましょう。

浮気される女は、尽くしすぎる

いわゆる『ダメンズ好き』と呼ばれるタイプの女性は、「この人には私しかいない」と考えて、彼に尽くしすぎて甘やかしてしまうもの。
すると、男はよりワガママになり、感謝するどころか、「何をしても許してくれるだろう」と考えて、浮気をし始めます。
尽くせば尽くすほど、一途に愛される女から遠ざかるのはこうした理論です。
彼を大事にするのと甘やかすのは、似ているようでまったく異なります。。
本当に彼のためを考えるのなら、やってあげるべきこととそうでないことがあるというのを頭に入れて置いた方が良いでしょう。

浮気される女は、男を見下している

遠慮をしすぎて男の思い通りにさせてしまうと、調子づかせてしまうというのは想像できるでしょう。
でも実は、男を見下している女も浮気されるタイプです。
男を見下す女というのは、「俺だって他に大事にしてくれる女がいるんだ…!」という男の反抗心をあおってしまうため、浮気をされがちなんです。
逆に、一途に愛されるのはお互いを高め合う付き合いができる女。
恋愛関係だけでなく、きちんと男と自分を対等だと捉えて『同志』としても強い絆があれば、長く付き合えるカップルでいられますよ。

浮気される女は、自分に自信がない

自分に自信がない女はネガティブな発言が多く、負のオーラをまとっているもの。
恋愛に限らず、きちんとポジティブに生きている人は負のオーラにはなるべく近づかないようにするものです。
負のオーラに近づくのは負のオーラ…よって、自分に自信がない女には女を軽く見がちな浮気性の男が獲物を狩るかのように寄ってきます。
一途に愛される女は明るく楽しいオーラをまとい、「この子と一緒にいると、いつも楽しい。何でも頑張れる気がする」と男に思わせるのです。
常に自信満々なのも問題ですが、後ろ向きな考え方をするのがクセになっている人はちょっと気をつけた方が良いかもしれません。

浮気される女は、体から関係を始める

体から始まる関係が必ずしも悪いわけではありませんが、やはり浮気されがちな女になってしまう可能性は高いです。
女は体の関係を持つと男に対してより愛情を抱くものですが、男は体の関係を持つまでに一番愛情を注ぐことが多いため、どうしても一途に愛される女にはなりにくいのです。
体の関係を持ったあとに相手を好きになってしまったのなら仕方ありませんが、既に相手のことが好きなら簡単に体の関係を許さないことをオススメします。

おわりに

一途な性格・浮気がちな性格というもともとの性格もありますが、男性は女性次第で良くも悪くも変わるもの。
誰と付き合っても愛される女性を手本に、大好きな彼と幸せな日々を送れるように頑張ってくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事