2016.11.30

2016冬☆「雪の結晶」デザインのクリスマスネイルで彼ウケ♪

冬といえば、どんなネイルデザインを思い浮かべますか?クリスマスカラー?それともチェック柄?
2016年の冬は、雪の結晶ネイルがおすすめです!指先を清楚感あふれるデザインで飾って、クリスマスデートでも彼からの好印象を狙っちゃいましょう!

☆静かな夜イメージの雪の結晶


出典:pinterest
一言で雪柄デザインといっても、ベースにする色を変えることで印象は大きく変わります。シックな紺色のベースを選べば、白い雪柄がかわいく映えます。
明るめの色のファッションが多い方は、少し濃い目の紺色をベースに選ぶといいでしょう。コーディネートのさし色となり、引き締め効果も抜群ですよ。

☆自然なナチュラルベースの雪の結晶


出典:pinterest
普段あまりネイルをしないという人や、職場が学校で派手なネイルがNGという人にもオススメなのが、透明のマニキュアや白をベースにしたネイル。地の爪の色に白い結晶はあまり目立ちはしないものの、さりげないオシャレ感をかもしだしてくれます。
シンプルな分、パーツの配置がポイントとなるこのデザイン。指ごとに、重めのパーツと軽めのパーツを上下逆に配置していくと、バランスよくデザインできますよ。

☆普通に飽きたら、グラデーション!


出典:pinterest
雪の結晶ネイルは単色にするという決まりはありません。実はグラデーションにもとっても似合う柄なんです。意外と雪の結晶に合うのがピンクのグラデーション。爪の先からグラデーションでピンクを入れます。ピンクの部分にだけ雪柄を入れると、上品な感じに仕上がります。また、今年の夏に流行した「チークネイル」との相性もバッチリ。爪の中心部分からグラデーションになるようベースを完成させた後に雪柄を描くと、おフェロ仕様の冬ネイルのできあがりです!

☆赤とゴールドでゴージャスな雪の結晶

特別なクリスマスパーティーや勝負のデートの日などには、華やかな雪の結晶ネイルでキメましょう。普段の雪の結晶デザインとの違いは、白ではなくゴールドで雪の結晶を描くところ。色の印象が強いぶん、グリッターを敷きつめた指や、単色塗りにシンプルなパーツを置くだけの指を組み合わせ、ゴテゴテになりすぎないようにするのが重要です。この「引き算」が、彼ウケもGETする大事なポイントですよ。

☆簡単に季節感の出せる雪柄ネイル!

今回は、クリスマスにもぴったりの彼ウケばっちり雪の結晶デザインを4つご紹介しました。雪の結晶ネイルは柄がシンプルなので、意外にもどんな色に合わせやすいのがいいところ。はかなく溶ける雪の結晶を指先にとどめ、冬のデートを楽しんじゃいましょう!(プラチバ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事