2016.12.01

いつの間にかATMに…。男性に貢いでしまう女子の特徴・4選

「気づいたらいつも彼のATMになっている…」なんていう女性はいませんか?
彼が悪いのはもちろんですが、もしかしたら女性のほうにも付け込まれてしまう隙があるのかも…。
そこで今回は「彼に貢いでしまう女子の特徴」について20代女性にリサーチしてみました。

1.「いつか直るだろう」と思い込んでいる

「付き合いたての頃はラブラブだったのに、最近では『お金貸して』が口癖の彼…。不安な気持ちもあるけれど、いつか昔の優しかった彼に戻ってくれると信じています…。」(26歳/美容関係)

貢ぎ女子は「きっと今回だけ…」「でも結婚したら…」と“いつか”彼がお金をせびってこなくなるだろうと考えてしまいがち。でも貢げば貢ぐほど、彼の行動はエスカレートするだけ。「いつか返すから」なんていう言葉もあてにはできません。彼から嫌われたくないという気持ちもわかりますが、キッパリと「これ以上は渡せない」と断る勇気も大切です。

2.彼に依存している

「友達が年下彼氏に貢ぎまくっている。なんで彼にお金を渡すのか理由を聞いたら『彼の両親が倒れたらしくて…』『彼には私しかいないから…』と言っていた。でも彼にはもう別の女がいる気がする…。」(23歳/一般事務)

お金ってデリケートな問題ですよね。人にはなかなか言いづらいお金の悩みを相談してくれることによって、「きっと彼が頼れるのは私しかいないんだ!」と思い込んでしまうそう。でも本当に彼女のことが大切だったら、何度もお金を要求してこないはずです。「この人には私しかいない!」と思う前に、彼に不審な点がないかチェックしましょう。

3.気前が良すぎる

「私はお金を持っているほうがおごるという考え方。だから彼が男友達と遊びに行くときは、普通にお金を渡していました。でも彼がだんだん高額なものをほしがるようになってきて…。いまになって彼を甘やかしたことを後悔しています…。」(28歳/営業)

なんとも太っ腹な考え方の女性ですね。彼にご飯をおごったり、お小遣いをあげることに抵抗がないそうです。でも、望まれるままにお金を与えていると、彼のほうがどんどん味をしめてしまうもの。最初は小さな金額だったとしても、そのうち何万、何十万と要求されるようになってしまうかも…。こうなってくると深く考えずに貢いでしまった女性側にも問題があるかもしれません。彼にお金を渡すことはクセになるのでやめたほうが良さそうです。

4.友達のアドバイスが聞けない

「私が元カレに貢いでいたときに、友人が『もうお金渡すのやめなよ』と必死に止めてくれたんです。でもそのときは彼が大好きだったから、友人の言うことを聞けなくて…。結局彼の浮気が発覚して別れることになりました。あのときちゃんと友達の言うことを聞いておけば良かった…。」(27歳/アパレル)

どんな状況でも好きな人を悪く言われるのって嫌なものですよね。つい「なんでそんなこと言われなきゃいけないの!」と女友達とケンカしてしまったことのある人もいるのでは?でも友達だからこそ親身になってアドバイスをしてくれている場合も。自分のことを本当に心配してくれているのは誰なのか、冷静に判断する必要がありそうです。

おわりに

彼氏にゾッコンになってしまうことで、いつの間にか貢ぎ女子になってしまうことが多いよう。
ちょっとでも「何か変だな」と感じることがあれば、お金を貸す前に周囲の人に相談するようにしましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事