2016.12.04

どこにあるか知ってる?快楽の向こう側へイケるGスポットの探し方

「Gスポット」という言葉は聞いたことあるけど、どこにあるかわからない…という方、多いのではないでしょうか?イキたいけど、なかなかイケない…。そんな人におすすめなのが、Gスポット開発です!
Gスポットは手が届きやすいところにあるため、自分でも開発可能。未知なる快楽の扉を開きませんか?

■Gスポットってどこにあるの?

Gスポットは膣の中のお腹側、ちょうど恥骨の裏あたりにあります。膣の入り口からだいたい4~5cmのところにあると言われていますが、個人差があるため、自分で探ってみることが大切!
「スポット」という名前で呼ばれますが、ツボのようにピンポイントなものではなく、エリアを指します。指で押すと少しふくらんだり、少しザラっとしていたり、逆につるつるだったりと、個人差はありますが見つけることは比較的簡単です。

■Gスポットを自分で探してみよう

エッチのときに彼が見つけて開発してくれたら一番手っ取り早いのですが…まずは自分で見つけて開発しちゃいましょう。
見つけ方は、まず仰向けに寝転んでひざを立て、爪をきちんと切った清潔な指を1本膣の中に入れます。このとき、膣がしっかり濡れていることが大切!Gスポットは、ムラムラ気分が高まった状態で膣がしっかり濡れていないと反応しないのです。エッチなDVDや動画を見ながらしてもいいですね。第二関節まで入れたら、指を曲げて指の腹で膣内のお腹側を触り、少し周りと手触りが違うところを探ります。そこがGスポットです。

■Gスポットの開発はこうする!

自分のGスポットが見つかったら、まずはやさしく自分で押してみましょう。初めは痛かったり、気持ちが悪かったり、おしっこが出そうな感覚になる人もいますが、開発が進むと気持ちよくなってきますのでご安心ください。
指先で触るのと指の腹で触るのとでは、感じ方が違うので、自分の感じるやり方を見つけてみてください。大きく円を描いたり、小刻みにこすったりしてもいいですね。手が疲れる人は、大人のおもちゃを使ってみるのもおすすめですよ。

■彼に開発してもらうには?

自分でGスポットを把握したら、彼とのセックスで生かしましょう。ただ、「Gスポットを刺激して!」と彼女に言われたら、きっと彼は「どうしよう!わからない!」と焦ってしまうはず…。Gスポットが刺激しやすい体位は足を男性の肩に乗せるスタイルの正常位とバックなので、このふたつの体位をお願いしてみましょう。
また、Gスポットは膣の手前にあるので、彼に「浅めに入れて欲しいな…」とお願いすると、当たりやすいです。

快感にどん欲になることは、自分のカラダを愛すること

自分でGスポットを開発するなんて、恥ずかしい…と思うかもしれませんが、自分の快感にどん欲になることは、自分のカラダを愛することと同じ。また、Gスポットを開発することで、彼とのエッチがより楽しくなりますよ!(Nag/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事