2016.12.01

流行語ならず…!映画『君の名は。』と恋のエピソード

12月1日に大賞が発表された「2016年新語・流行語大賞」。今年は「神ってる」でしたね。センセーショナルな「ゲス不倫」関連ワード、みんなが夢中になった「ポケモンGO」、世界を虜にした「PPAP」などなど、どれも「流行ったな~」と思うところ。

そんな中でも注目したいのが「君の名は。」旋風。興行収入が194億円を越え、「もののけ姫」を抜いて歴代日本映画3位!1位の「千と千尋の神隠し」、2位の「ハウルの動く城」、そして「君の名は。」すべてに神木隆之介が出演しているというのもびっくりポイント。あんなに小さくってかわいかった神木くんがいつのまにか日本映画界を担っているんだなあ…としみじみしてしまいます。

ストーリーはもちろん、新海誠監督の持ち味でもある緻密な風景描写の美しさがふんだんに生かされていて、音楽も大ヒット。映画館で見た人も多いことでしょう。

そんな「君の名は。」をきっかけに恋が進展したというエピソードをご紹介。まだ上映している映画館も多いので、まだチャンスあるかも…?

◆「気づくと映画デートになってた」(21歳/男性/大学生)

「大学のゼミが一緒の女の子と『君の名は。』めっちゃ流行ってるよね~って話になって、僕はその時まだ見てなかったんですけど、『うそ!?私、もう1回行きたいぐらいだよ!はやく見たほうが良い!』って言われて。じゃあ一緒に行こうよっって言ってみたら、『よし、上映時間調べよう!』って、すごいスムーズに映画デートが決まって、びっくりしちゃいました」(21歳/男性/大学生)

ヒットによって世の中がこれだけ「『君の名は。』観に行ったほうが良いよ!」とお膳立てしてくれれば、男女ともに誘いやすい&乗りやすいってもんです。

「まだ見てないから一緒に行こう」も「もう1回見たいんだよね、行かない?」も良し。
「カップル多いから一人だとつらいんだよね~」という前置きもすればさらに誘いやすくなりますね。

「ブームに乗った行動」というのは、ブームが過ぎ去って振り返ってみると「なんであんなことしたんだろ…」と思ってしまうもの。普段は自分から誘ったりできない…という人も、ここはブームにえいやっとのってみましょう!

◆「聖地巡礼で素敵な出会いアリ」(24歳/男性/大学院生)

「友達と『君の名は。』に出てくる場所をまわった。やっぱ流行ってるから、他にも聖地巡礼してる人がいて、女の子のグループから写真を取ってくれって頼まれて、そこからひとりと仲良くなって付き合い始めた。まさに、僕の三葉ちゃんですねw」(24歳/男性/大学院生)

最後のひとことがめちゃくちゃキモいですね!でも、聖地巡礼までしているということは結構なファンでしょうし、そういう面では確かに気が合うかも。彼らは男女ともに2~3人ずつのグループで回っていたそうですが、「ここの角度がちょうど写ってた場所ですよ~」なんて情報共有したりと、初対面でもコミュニケーションが取りやすそうです。

とはいえ、『君の名は。』をダシにしたチャラいナンパ男には引っかからないように!ポケモンGOでもいた、「あっちにミュウいるよ!!!一緒に行こ!」的なやつです。

ちなみに「聖地巡礼」も今年の流行語としてノミネートされています。

◆「良い恋愛がしたい。だから、頑張る…!」(25歳/女性/教育)

「働き始めてしばらくは合コンも行きまくったし、結構遊んだけど、最近はなんかもうだるいわ~って感じだったんです。でも、『君の名は。』観たら、なんかこう、ああ!恋したい!本気で惹かれあう恋がしたい…!って心から思った。それで、今また活動中。今度は焦らずに、本当にお互いに尊重できるような人と付き合いたいな~」(25歳/女性/教育)

恋愛が面倒くさくなってきた。雑な恋愛ばかり繰り返してしまう。彼氏に特に愛情を感じない…。

年齢を重ね、忙しさにかまけているうちに「恋する気持ち」が錆びついていくもの。でも、思い出してみてください。高校生の頃、好きな人に会えるだけで嬉しかったあの気持ちを。自分にぴったり来る人はこの人だ!という確信を…!

そんな気持ちを思い起こさせてくれるの『君の名は。』。みずみずしい気持ちでの恋は、きっと充実感もひとしおです。

◆「実は、あんまり…。」(25歳/男性/広告)

「話題になっていたので観には行ったんですけど、正直言うと、僕にはそこまで刺さらなくて…。飲み会で感想聞かれて思わず「僕はあんまり…」って言っちゃったんですよね。うわー、絶対なんかツッコまれるって思ったら、ひとりが『よかったー、そういう人も絶対いるよね!私もあんまり感動しなかったんだよね』って言ってくれた子がいて。一気に仲間意識芽生えて、連絡先聞いちゃいました」(25歳/男性/広告)

あまりにもみんなが褒めそやすと、「別にそこまで…」という意見が言いにくくなる風潮、ありますね。愛想笑いしながら「わかるー!超良かったー!感動したー!」と適当に言っている人もいるはず。しかし、あなたと同じ感想の人もきっといます!

みんなが良いと言っているから自分も同じようにしなくちゃいけないなんてことはありません。「良かった」と言っている人を否定するのはNGですが、「私はそこまではなかったかな~」といってみるのは全然OKです。「大人数の中で自分と同じ意見」や「マイナスな感情をこっそり共有する」のは、心理学的にぐぐっと距離が縮まるとされるシチュエーション。あえて口に出してみるのも手ですよ。

◆おわりに

『君の名は。』まだ放映中の映画館もあるので、まだ観ていないという人も観に行ってほしいところ。今後ブルーレイなどが発売されたら、貸し借りや一緒に見ようよ、をきっかけに恋が始まることもあるかもしれませんね。

『君の名は。』に並んでノミネートされた『シン・ゴジラ』もあり、邦画当たり年と言われた今年。映画を見たあと何かを考えたり感じたり、行動に繋がったり。いやあ、映画って本当に良いものですね!(Sakura/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事