2016.12.16

「恋愛最強ラッキー風水占い」 12月16日~12月31日

12月16日~12月31日までの恋愛占いです。風水のパワーを使って最強の恋愛運を身にまといましょう!

あなたの九星は?
<ご自身が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>
一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ
二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ
三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ
四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ
五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ
六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ
七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ
八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ
九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ
その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

一白水星

寒い時期ではありますが、コートの下は胸元が開いた服やミニスカートなど、女性らしい服装が恋愛運を呼び込みます。あなたの魅力が最も輝くときなので、メイクも「色っぽく」を意識して、おしゃれをしてみましょう。
◆ラッキーカラー:ラベンダー
◆ラッキーナンバー:8
◆ラッキーメニュー:しょうが焼き

二黒土星

少し大人っぽいファッションが恋愛運を呼び込みます。ワンピースやスーツなど、いつ、どんな場所に誘われても安心なファッションならOKです。アクセサリーもワンランク上のものを選んでみましょう。
◆ラッキーカラー:オレンジ
◆ラッキーナンバー:3
◆ラッキーメニュー:だし巻き卵 

三碧木星

キラキラと輝くものを身につけていくと恋愛運がアップします。イミテーションでもかまわないので、シルバー系よりもゴールド系のものや、カラフルなストーンのついたアクセサリーなどが素敵な出会いを演出してくれるでしょう。
◆ラッキーカラー:ターコイズブルー
◆ラッキーナンバー:5
◆ラッキーメニュー:チーズ

四緑木星

いつもと違ったスタイルのファッションが、あなたの恋愛運をアップさせてくれます。かわいい雰囲気のあなたなら「大人っぽく」、大人っぽい雰囲気のあなたならば「キュートに」、自分自身をプロデュースしてみると良いでしょう。

◆ラッキーカラー:エメラルドグリーン
◆ラッキーナンバー:9
◆ラッキーメニュー:オムレツ

五黄土星

細身のスタイルに見えるファッションがあなたの恋愛運をアップさせてくれます。おしゃれやメイクに気を使えば使うほど恋愛運がアップしていくので、雑誌やインターネットなどで自分に似合うものを研究してみると良いでしょう。
◆ラッキーカラー:パールホワイト
◆ラッキーナンバー:7
◆ラッキーメニュー:五目そば

六白金星

女性らしさを第一に考えたファッションを取り入れてみましょう。ヘアスタイルも、まとめるより美しいカールやウェーブを意識して。、リップにはグロスを使ったり、まつげエクステをしたりと、「女子ならでは」のおしゃれを楽しんでみると、恋愛運がアップします。

◆ラッキーカラー:レッド
◆ラッキーナンバー:1
◆ラッキーメニュー:レタスチャーハン

七赤金星

カジュアルなファッションの中に、ワンポイント上質なものを持つと恋愛運がアップします。アクセサリーやバッグ、マフラーや手袋など、冬小物でもOKです。ワンランク上の恋ができそうです。

◆ラッキーカラー:マスタードイエロー
◆ラッキーナンバー:4
◆ラッキーメニュー:豆乳鍋

八白土星

元気さ、明るさを前面に出したファッションやメイクがおすすめです。ヘアスタイルもかわいいまとめ髪にしてみたり、肌の血色がよく見えるベースメイクや、クリームチークをつかったりするのもおすすめです。あなたが望む恋が近づいてきます。
◆ラッキーカラー:ネイビーブルー
◆ラッキーナンバー:6
◆ラッキーメニュー:お好み焼き

九紫火星

ロングコートやロングブーツ、ロングヘアー、ロングスカートなど、「長いもの」を意識したファッションが、素敵な出会いを演出してくれそうです。ミニ丈のファッションのときには、ベルトや長めのアクセサリーを使ってみると良いでしょう。
◆ラッキーカラー:さくら色
◆ラッキーナンバー:2
◆ラッキーメニュー:唐揚げ

おわりに

いかがでしょうか。クリスマス~年末シーズンなので、運気アップファッションをご紹介してみました。素敵な恋はいつもあなたを幸せにしてくれます。最高の恋愛をして楽しい毎日を、そして来年もまた素敵な恋に溢れる1年を過ごしてくださいね。(生田目浩美./ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事