2016.12.19

今日はひとりでいたくない…後腐れなく男友達を誘うための4つの心得

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
彼氏と別れたばかりのとき、彼氏とうまくいっていないとき、誰かと一緒に飲みたいな…そんな気分になることってありますよね。
そんなひとりでいたくない日に、後腐れなく男友達を誘う心得をお教えします。

1.翌朝早いことを伝えておく

まずは、誘う時点で「明日朝早いから遅くまでは無理なんだけど…ちょっとだけ付き合ってくれない?」と言っておくこと。
ふたりで会って飲み始めてしまったあとだと、楽しくなって言い出せなくなってしまうからです。
また、先に『私は帰ります』ということを示唆しておけば、男友達も本当にご飯だけ誘われたんだなと頭に入れておいてくれます。

2.「この人は大丈夫」と思わない

長く友達関係で、互いの恋愛事情を開けっぴろげに話しているような相手だと「いまさら私のこと、そういう対象には見ないだろう」と考える女子は多いです。
でも、それはあくまでも女子側からの話。
男友達も同じように考えているかどうかはわかりません。
機会がなかったから今までは友達だっただけということも考えられますし、友達同士だからといって男女の関係には発展しないと思っているとは限らないのです。
ですから、「この人は大丈夫」と思って彼に甘え過ぎないように気をつけましょう。

3.家に呼ばない、行かない

2つめの「この人は大丈夫と思わない」とも繋がりますが、男友達を自分の家に呼んだり彼の家に行ったりするのはやめましょう。
男友達と関係を持ってしまったという女子は、「この人となら何もないだろう」「この人になら誘われても断れば大丈夫」と考えて、相手の家に行ったり自分の家に呼んだ結果やってしまった…ということが本当に多いんです。
たとえうまく断れたとしても、男友達が『オトコ』になる瞬間を目撃し、その後の関係にヒビが入ったという話もよく聞きます。
後腐れなく男友達と遊びたいのなら、どんなに家が近くても楽だとしても家には近づかない!
これ、鉄則です。

4.個室の居酒屋とカラオケに注意

家は絶対ダメですが、他にも注意すべき場所が。
それは、個室の居酒屋とカラオケです。
ふたりで家にいたらそんな雰囲気になってしまって…という他にも、個室の居酒屋やカラオケでそんな雰囲気になってしまい、そのままホテルに移動という経験談も多く聞かれるからです。
ただ、こちらは絶対ダメ!というほどではないので、利用しても大丈夫ですが、人に見られているのと同じくらいの距離を保って話をするように心がけましょう。
お酒が入っていると人との距離が普段より近づいてしまったり判断が鈍くなったり理性がきかなくなる人が多いので、飲み過ぎないようにするのは言うまでもありません。

おわりに

男友達と一夜の関係を持つのは、その男友達との関係だけでなく、周囲からの目が変わってしまうこともある大きな問題になりかねません。
「ちょっと誰かと過ごしたいな」という軽い気持ちで今後の自分の生活が崩れてしまうことのないように、紹介した4つの心得を頭に入れて誘うようにしましょう。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事