2011.10.06

旬のれんこんを美味しく食べよう!れんこんのチーズ焼きの作り方

晩秋から冬に旬を迎えるれんこん。

煮物や天ぷら、はさみ揚げなどが一般的な食べ方ですが、今回はれんこんとニンニク、チーズを組み合わせたちょっと変わったレシピをご紹介します。

レンコンの栄養価

レンコンの主成分は糖質です。デンプンやムチン質という成分が、あの独特の食感を生み出します。また、ビタミンCがしても豊富です。通常は加熱で失われやすいビタミンCですが、れんこんはデンプン質を多く含むために、加熱しても相当量のビタミンCが残るそうです。その他にも亜鉛、鉄分、カリウム、食物繊維も多く含む、体によい野菜なのです。



材料(おおよそ4人分)

  • れんこん200グラム
  • じゃがいも2個
  • ナス1本
  • にんにく1片
  • ウインナー3本
  • とろけるチーズ 適宜
  • 醤油 大さじ3
  • 塩・胡椒・酒 適宜
  • オリーブ・オイル
    チーズの塩分もありますので、醤油の量はお好みで加減してください。

    今回はじゃがいもとナスを使用しましたが、ほうれん草、ブロッコリーなどを入れると色味も綺麗です。また、ウインナーの代わりにベーコンでもよいでしょう。



下準備

レンコンは縦半分に切り、2~3ミリ幅にスライスし、酢水にさらします。

じゃがいもも同じ大きさに切って水にさらします。

ナスは乱切り、同じく水にさらしておきます。

ウインナーは食べやすい大きさにスライスしておきます。

にんにくはみじん切りでも薄くスライスしても、どちらでもかまいません。

れんこんはタンニンを含むため切り口が黒ずみやすいので、切ったらすぐに薄い酢水にさらしましょう。



作り方

  1. フライパンにオリーブオイルをひいて、にんにくを炒めます。香りが立ってきたら、中火にしてレンコンを加えて炒めます。
  2. レンコンに少し焦げ目がついたら、じゃがいも、ナス、ウインナーを加えて炒め、じゃがいもが透き通ってきたら、塩・胡椒、酒を加えます。酒の水分が飛んだら醤油を加え、よく混ぜます。
  3. 耐熱皿に2を盛り、上にとろけるチーズを乗せて、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼きます。

オーブントースター1000Wで10分くらい、オーブンの場合は200°Cで15分くらいを目安にしてください。ご家庭の機種によって時間は異なりますので、加減してくださいね。


できあがり!


ビールにもよく合います、ぜひお試しください!

おわりに

いかがでしたか?レンコンは栄養価も高いので、アレンジ料理で楽しんでください。

関連記事