2017.01.05

隠されてるかも…!?男性が別れを決意した本当の理由

「なんでフラれたのかわからない…」と思ったまま、失恋を引きずった経験はありませんか?こんにちは、ライターのともしどです。

もしも彼氏が別れる理由を教えてくれたとしても、それが『本当の理由』とは限りません。むしろ、ネガティブな理由の中には言いづらいものが多いはずなので、『偽りの理由』を伝えられていることもあると思われます。

そこで今回は、男性が別れを決意する理由についてリサーチしてきました。

女性には言えない、男の本音とは…?

1.グチがきつい

「グチもね、たまにならいいんですよ。言いたくなるときもありますからね。でも、それが日常茶飯事になってくると、ウンザリしてきちゃう。聞いていて気持ちのいいものではないですからね。」(商社/28歳/男性)

彼女と過ごす時間は、男性にとっての「憩いの場」でなければなりません。そうでないと、苦痛に感じ始めてしまうからです。そのため、ネガティブ発言は極力控え、楽しい会話を心がけるのが別れを招かないコツでしょう。

2.乗り換えたい

「他に付き合いたいと思う女の子がいても、『他の子と付き合いたいから別れて』とはさすがに言えないですよね。クズ男っぽくなっちゃうんで。そんなときは、それっぽい理由を取り繕ってごまかします。」(大学生/22歳/男性)

「他に好きな人ができた」というのは、男性が彼女との別れを決意する一般的な理由のひとつのようです。とはいえ、それを正直に彼女に伝える男性は少ないのだとか。できるだけ円満に別れたいからでしょうね。

3.時間が惜しい

「出世したいと思ったら、勤務中以外にも『能力』を上げるための時間を作らないとダメだと思うんです。それなので、休日は『セミナー』などで勉強する時間にしたいんです。就職とかで状況が変わって別れるカップルにはそういう理由もあると思いますよ。」(SE/25歳/男性)

時間は有限で、待ってはくれないもの。「少しでも早く一人前になりたい」といった熱意のある男性は、彼女と過ごす時間を「もったいない」と感じ始めることがあるようですね。

4.めんどくさい

「嫌いになったから別れるって、ほとんどないと思うよ。だって、好きだった人を嫌いになるほどの理由ってある?ほとんどないよね?だから、別れたいと思う理由って、だいたい『飽きた』か『めんどくさくなった』かのどっちかだと思うよ。」(起業家/34歳/男性)

「嫌いになったから別れたい」というのは稀なケースで、「気持ちがなくなったから別れたい」というほうが圧倒的に多いのだとか。

そして、その気持ちがなくなった理由には、「イヤなところが見えた」などの直接的なものだけでなく、「飽きた」や「めんどくさくなった」という気分的なものの場合もあるようです。

5.感情的すぎる

「彼女が感情的になりすぎちゃう女の子だと、問答無用で会話にならなくなることがあるよね。泣いて何も言えなくなるとかさ。働いてる男って、女性には『安息』を求めると思うんだよね。キャバクラのおねえちゃんを連れている30歳前後の男をよく見かけるでしょ?それが男性の『落ち着きたい気持ち』を表してると思うよ。」(営業/31歳/男性)

多くの男性は「落ち着く場所」を求めているようです。確かに、長くずっと一緒にいる相手との時間がせわしないものだと疲れてしまいますもんね。カレの前では、笑顔でいることが何よりですね。

おわりに

カレが「別れを決意した理由」がわからないと、失恋を受け入れられなくなりやすいので、失恋を引きずる原因になってしまいます。また、これを知っておけば大好きなカレにフラれないようにするために、事前に予防線を張るためのヒントにもなるはずです。

男性が女性に何を求めているのかを知れば、いつまでも仲良しなカップルでいるための努力を意識的にできるようになりますよ。男性の気持ちを知り、それをあなたの実生活に活かしていただけたら幸いです!(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事