2010.02.02

奥さんにしたい!女子になる☆30代必見!今からでも遅くない。モテ女子になるための方法(お見合いパーティ編)

お見合いパーティー、興味があるけど行くには少し勇気が必要。
そんな方へのアドバイスです。

            

分りやすいブランド物を持っていかない

地味すぎるのは良くないですが、派手すぎるのもマイナスです。何故ならお見合いパーティーで初めに相手と話せるのはたった3分。どんなにあなたがいい人であっても、3分では何一つ伝わりません。

目に飛び込みやすいブランドや、派手過ぎる格好は、キツイ印象が残ってしまい、フリータイムで一人浮いてしまう可能性が大。余程自信のある男性以外、高嶺の花にアタックする勇気のある方は中々居ません。

まずは笑顔で目を見て挨拶

当たり前のことですが、暗い印象はいけません。短い時間で勝負するには、初めの印象が大切。もしかしたら、話をするのも嫌な人も居るかもしれません。でも、笑顔で接してください。

ふとした瞬間の顔を遠くから見ている人が居るかもしれません。

さりげなく体の一部分を付けます

これは真正面に男性が座る場合は使えませんが、横に座ってお話する場合、お勧めの仕草です。ひざとひざが付く様にするか、ひじがどこかに触れるようにするか胴体以外の場所が触れるように座ってください。

それだけで距離がぐっと近くなり、お互い話しやすくなったりします。ただし、腰や胸などは絶対に触れるようにはしないで下さい。やり過ぎると、色々勘違いを生んでいいことは無いです。

まずは自分を知ってもらうより相手を知ろう

自分のことを知ってもらおうと、一生懸命自分を語るのはNGです。人は自分の話を聞いてもらいたい生き物です。相手に質問しながら、褒めれる部分や普段認めてもらえない部分を探します。

褒める時は意外な部分を 地味な部分に労いの言葉を

さてここが肝心ですが、いつも褒めて貰える部分や、分りやすいところを褒められても印象に残りません。意外な部分を褒めましょう。

例えば、海外営業をしている方に英語が出来て素敵と言っても、いつも言われ慣れててただの社交辞令の会話で流されてしまいます。
そう言った場合、海外出張は長い間同じ体勢で大変ですねとか、文化の違う国での商談は、精神力が要りますよねなど、地味な部分を労ってみましょう。

また、お相手がシステムエンジニアの場合。エンジニアをしている人は、必ず一度は英語で書かれた専門書を読んでいます。理系なのに英語も出来るんですね!なんて褒めてみてください。自分のこと分ってくれる、理解してくれると思って貰えます。

相手の語りたい部分を聞き出して話を聞く。

相手が一番何を自慢したいのか、短い会話の中で聞きだしてください。仕事なら仕事。趣味なら趣味。ひらすら話したい話を、笑顔で楽しそうに聞きます。自分の自己満足な話に興味深く、笑顔で聞いてくれる女性に男性は弱いですもっと話したいと印象付けて、フリータイムへ繋げましょう。



さして美人でもなければ、スタイルも良くない私ですが、この方法でフリータイムには人だかりが出来ました。逆に美人でない、誰でも受け入れてくれそうな雰囲気が親近感を持ってもらうことが出来たように思います。
関連キーワード

関連記事