トップ > ライフ > その他 > 家庭でできる騒音を減らすハウツー


ライフ
花粉症

家庭でできる騒音を減らすハウツー

by S.H


 快適な暮らしを邪魔するもの、その1つに挙げられるのが騒音です。
飛行機が家の上を飛んだり、道路が家のすぐ近くにあるなどはどうしようもありませんが、
ご近所の間で起こりやすい家庭から出る騒音は少しの工夫で減らすことができます。
これからいくつかその方法を紹介します。

床での騒音を減らす

 騒音が起こりやすい床の騒音を減らすにはシートを敷くのが一番です。様式の違いによってやり方が違うので、2つに分けて紹介します。

①和室の場合
 畳をめくり、下の板に遮音シートを敷きます。敷けない場合は畳の隙間の部分に鉛テープを貼るのが効果的です。

②洋室の場合
 床板に防音じゅうたんや遮音シートなどを敷いてからしゅうたんを敷きましょう。もとからカーペットの場合も面倒ですが、効果的です。

・水回りの騒音を減らす

 何かと音が出てしまう水回り。特に洗濯機の音は相当なものです。また、意外とトイレなどの排水音も音が出てしまいます。今回はこの2つの騒音を減らす方法を紹介します。

①洗濯機の場合
 なんといってもその騒音の原因はモーターの振動にあります。逆を言えばそのモーター
の振動を止めればいいわけです。まず、洗濯機の後ろに段ボールなどを立てかけ、さらに洗濯機とその間に振動を吸収する素材を立てかけ、洗濯機の背面に鉛シートを貼りつけます。これはちょっと高いのですが、効果は保証できます。キャスターがあるものなら、その下に防音ゴムを敷けば完璧です。

②排水パイプの場合
 グラスウールを巻きつけ、その上に鉛シートを巻くだけです。グラスウールは水に弱いという話やそうでもないという話の両方が出ているので、心配な人は撥水性のあるものを使いましょう。

・階段や椅子などの騒音を減らす

 気をつけてもつい音が出てしまうこれらのもの。ですが、意外とすぐに減らすことができます。階段の場合はただ単に吸音材を使うだけですし、椅子などの場合はゴム製のキャップなどをかぶせるだけですいぶんとマシになります。

・おまけ

 確かに家の中の騒音は減ったかもしれない。でも、外からの騒音に耐えられないという方。意外な方法で減らすことができます。

①厚手のカーテンを付ける
 まぁ、音を吸収してくれるっていう話だけなんですけど。でも、これだけでストレスが減ったらそれはそれでいいと思いませんか?

②窓を二重にする
 ①の発展版です。工事などはかなり大変ですし、費用もかなりかさみますが、寒い地方であれば意外と効果的かもしれません。庭に出る時などは大変な気がしますが。

 この他にも色々な方法があると思います。これらでは満足できない、費用が高すぎると思う方は様々な工夫を凝らし、もっとお安い方法を探してみるのもいいかもしれません。
SNSで話題の記事
ランキング
人気の10秒動画の紹介

    ページの一番上へ