2011.11.02

愛され赤ちゃん肌を作ろう!~パウダリーファンデーション編~

愛され赤ちゃん肌を作る必須アイテム、ファンデーション。
ちょっとひと手間かけるだけで、仕上がりに大きな違いが出るアイテムですよね。
今日は、さらっとした付け心地が魅力のパウダリーファンデーションの付け方をお教えします!

 

 

ファンデーションの前に!下地の付け方をチェック! 

 

自分にぴったりのファンデーションを選ぼう!

ファンデーションは首の色に合わせて選びましょう。
色白に見られようとして、肌より白いものを選ぶのはNG!実際につけてみると首と顔で色が違うので違和感が。顔だけ白浮きしちゃいます。

またティスティングは手ではなく顔に!

 

 

肌馴染みのよさそうなものを数色つけて比べてみましょう。
一番首に近い色があなたにぴったりのファンデーションです!

 

 

一人で選ぶのが不安な人は、デパートなどで美容部員さんと相談してもいいかも!

 

まずは頬から塗っていく

スポンジの半分にファンデーションをとりましょう。

 

 

初めに塗るのは頬。スポンジを内側から外側にのばし塗ります。

 

 

フェイスラインぎりぎりまでは塗らないように注意!

 

額にすーっとのせる

頬に塗り終わったら、次は額に移動。
スポンジにファンデーションをつけて、額に横線を引くようにすーっとのせ広げます。

 

 

スポンジの面を広く使うと綺麗に塗ることができますよ。
生え際は薄目に塗るように意識!

 

フェイスラインをぼかす

フェイスラインや髪の生え際を何もつけていないスポンジでぼかしましょう。
ファンデーションを塗った部分と塗っていない部分の境目をなくすことを心がけて!

 

 

何もつけていないような自然な肌感を演出しちゃいましょう。

 

鼻に軽くのせる

スポンジにファンデーションをつけたら、額の中央から鼻先まですーっと一本線をひくように下しましょう。

 

 

鼻の下にも軽くファンデーションをなじませることを忘れずに!

 

 

毛穴を気にして濃くつけちゃう人多いですよね。
しかし、つけすぎちゃうと厚塗りに見える上に化粧崩れが目立ってしまいます。
鼻のファンデーションは控えめに。

 

小鼻にファンデーションをたたきつける

スポンジに残ったファンデーションを鼻すじから小鼻に向かってなじませて。
小鼻のワキは塗りむらができないように、スポンジで軽くたたいてつけましょう。

 

 

目元もしっかりカバー

くすみが目立ちやすいまぶたと、疲れが出やすい目の下もカバー。
まぶたは上から下に軽く動かしながらつけましょう。

 

 

目の下は、スポンジを小さく折りたたんで目頭から目じりまでスライド。
目のキワにファンデーションがたまっているのはNG!まぶたを持ち上げながらスポンジでなじませて。

 

 

愛され赤ちゃん肌完成!

これでファンデーションメイクは完成です。

 

☆Before

 

↓↓↓↓↓

 

☆After

 

ひと手間かけて丁寧に仕上げることで、思わず触りたくなるような赤ちゃん肌が完成☆
これで、学校やパーティーでも目立てちゃうこと間違いなしですね。

皆さんもぜひ試してみてください!

関連記事