2017.02.13

「俺だけ本命かも…?」気になるカレに差を気づかせるバレンタインテク

1年の中で女性の恋が燃え上がるイベントがやってきます。女性から男性へ気持ちを伝えるバレンタインデーは、恋をしているみなさんにとって欠かすことのできないイベントですよね。

本命チョコをあげるまでの関係ではないけれど気になるカレがいるというみなさんは、バレンタインがチャンスです!義理チョコに見せかけたカレへのチョコに、少しばかりのアレンジを加えましょう。

今回は、バレンタインにできるさり気ないアプローチテクをご紹介します!市販のものでも手作りでも使えますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

1.カレの好みに合わせる

「片思い中のカレが『甘いものが苦手』と言っていたので、しょっぱ系のものをみんなに配りました。カレがすごく喜んでくれて、連絡を取り合うきっかけになりました!」(18歳/女性/高校生)

バレンタインは、チョコを渡す女性だけでなくもらう側の男性もドキドキしているもの。やはり、自分好みのものをプレゼントしてもらえたら嬉しいですよね。

カレの好みに合わせて一風変わった義理チョコをみんなに配れば、カレだけが気づくアプローチができるかも!バレンタインの下準備として、気になるカレの好みをチェックしておきましょう。

2.カレの分をワンランクアップ

「勤務先で『全員分の在庫がなくて…』って他の人とは違うチョコを貰ったんですけど、俺を含めた数人だけがお高めチョコだったので『もしや…』と期待しました」(24歳/男性/小売)

他の義理チョコより量を多めにする、ラッピングを凝ったものする、少し高めなものにしてみるなど、カレのチョコを他の義理チョコよりワンランクアップさせてみましょう。カレがそれに気づいたとき「もしかして!?」と期待してくれるはず。

ただし、カレ「だけ」にわかりやすすぎるワンランクアップチョコを渡すと、周囲からの冷ややかな視線が送られることも。気づくか気づかないかくらいの小さな差で、さりげなくアプローチしてみてくださいね!

3.一番最後に渡す

「席が近いのに、帰り際ギリギリにチョコを渡されたときは『本命では!?』と思いました。チョコ自体は周りと一緒なんですけど、最後ってのがドキドキする」(25歳/男性/食品)

カレに渡すのを最後にすることで、「もしかして俺にはくれないのか!?」と思わせてからチョコをプレゼントしてみましょう。チョコを貰えた喜びが2倍になるので、非常に効果的です。

できれば、あなたがみんなに義理チョコを配るところをカレに見てもらえるようにしてみて。焦らしすぎはあからさまになりすぎることがありますので、あくまでさり気なくカレを最後にしましょうね。

4.メッセージカードを入れる

「カレの義理チョコにだけミニメッセージカードをいれました。そのあといい感じになって、ホワイトデーに告白されました!」(20歳/女性/大学生)

温かみのある手書きのメッセージカードや手紙って、誰からもらっても嬉しいですよね。片思いの段階で手紙はハードルが高いかもしれませんが、数行のメッセージカードならお手軽で他の義理チョコとも簡単に差がつけられます。

バレンタイン前になるとラッピングと一緒にメッセージカードが並べて売られます。お気に入りのカードを見つけて、カレのチョコの中に潜ませてみてはいかがでしょうか?

おわりに

あからさまな本命チョコではなく、「もしかしてこれは…?」と思わせる義理チョコでカレの気を引いてみましょう。あなたの思わせぶりテクで、きたるホワイトデーまでカレはあなたのことが頭から離れなくなってしまうハズですよ!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事