2011.11.11

女性を魅了する「声」を手に入れる方法~モテの真理は聴覚にあった

異性からモテたい・・

それはきっと世の多くの男性が願ってやまないことでしょう。

 

合コンにいくと必ずいいとこ取りをする友人、

常に女を切らさない先輩、

周りを見渡せば「モテ男」がいっぱい!!

 

彼らの魅力とはなんなのでしょう?

その秘密は「声」にあるのかもしれません。

男は視覚、女は聴覚

男性が女性の魅力を判断するときは、

「見た目(視覚)」を大切にすると言われています。

 

「見られる対象」として、女性が化粧をする文化がここまで広まったのも

男性が女性に「視覚的魅力」を求めてきた歴史があるからでしょう。

 

一方で、女性は男性の魅力の判断基準として、「聴覚」を重要視します。

性行為の際に「好きだよ」「可愛い」と耳元でささやかれるのが好きという女性が多いのも、そのためなんですね。 

声はその人を映す鏡

声の高さや話し方のテンポは、

日常的に会話をしてきた両親や友達の影響を受けます。

 

まさにその人の生まれ育った環境を映す鏡と言えるでしょう。

髪型やファッションと同じくらい、大切な役割を持っているのかもしれません。 

一般的に女性が好む声とは

一般的に女性は、

「低温で、明瞭で深みがある声」を魅力的に感じます。

 

芸能人でいうと、歌手の福山雅治さんのような声と言えるでしょう。

 

もちろん、声の好みにも個人差があり、過去に低い声で怒鳴られたり、嫌なことを言われた経験があると、低い声が嫌いになったりもします。

日本人女性が好む声とは

日本人女性に人気の歌手をみると、ミスチルの桜井和寿さん、小田和正さんなど、

浅く柔らかな高い声の男性ボーカリストの人気が目立ちます。

 

繊細な女性心理を分かってくれる、いわゆる「草食男子」のような男性が好まれる傾向にあるのかもしれません。

<モテ①>話し方はゆっくり

「低温で深みのある声」がモテるとはいえ、

声は生まれつきのもの。

 

そう簡単には変えられませんよね。

そんなときは「話し方」に気を使ってみましょう。

 

女性と話すときは、いつもより「ゆっくり」話すことを意識します。

 

早口は、相手に「急いている」印象を与えてしまい、

恋愛の初期段階においては

・ゆっくり話す時間もないほども経済的に追い込まれている

・SEXを急いでいる

と思われてしまう可能性があります。注意して☆

<モテ②>声量を調整するのもポイント

また、女性と話すときは「声量の調整」もポイント!

 

「映画館で周囲に迷惑なくらい大きい声で話をする」もしくは

「アップテンポの音楽がかかったバーなのに蚊のように小さな声で話す」など、

相手を不快にさせる声量は避けて!

 

話をする場所や相手との距離感を意識することを忘れないで☆

おわりに

いかがでしたでしょうか。


福山雅治さんのようなセクシーな声・・とまではいきませんが、上記のポイントを参考に彼女を魅了しちゃいましょう。

関連記事