2017.02.18

元美容部員が伝授♡花粉時期だって可愛くいるための方法教えます

ツライ花粉の時期がついに到来…!花粉の季節は鼻水や涙、そしてなにより、花粉をガードするためのマスクで、メイクが崩れてしまうもの。マスクを取ったら「誰…?!」なんてことにならないようにしたいですよね。

仕事での外出はもちろん、せっかくの彼とのデートだって憂鬱になりがちなあなたに、花粉症でも可愛さをキープするメイクテクニックがあるんです。
元百貨店の美容部員で多くの女性へアドバイスを行ってきた筆者がお伝えします。

花粉ブロック&崩れないアイテムチョイスを

花粉時期のメイクのポイントは、まず、「いかに花粉と接触しないようにするか」です。

いくらウォータープルーフのマスカラなど崩れにくいメイクアイテムをチョイスしていても、花粉のダメージをたくさん受けて涙が止まらなくなっては元も子もありません。

花粉をなるべく寄せ付けない工夫をしながら、崩れにくいアイテムを取り入れるのが、花粉時期の賢いメイク方法です!

1.スキンケアはゆらぎ肌対策のものを

花粉時期に気になるのが肌荒れ。花粉の刺激によって、かゆみや赤み、乾燥が進行するなど、肌が敏感にゆらぎやすい季節です。

せっかく可愛くいたいのに、肌調子が悪いとファンデーションのりも最悪。また、鼻水をかみすぎて鼻の下がガサガサになってしまうことも…。

肌の炎症を抑え、バリア機能を高める敏感肌専用スキンケアにチェンジしてみましょう。


■肌ストレスからくる肌荒れを徹底ケア

ディセンシア アヤナス

花粉による肌ストレスから敏感になってしまう肌に、おすすめのスキンケアがこちら。

独自のストレスバリアコンプレックスとセラミドナノスフィアが、健康な角層形成をしっかりサポートし、花粉に負けない潤いたっぷりの強い肌に導きます。
特許技術で肌表面をラップのように包み込み、ホコリや花粉から徹底的に守る効果もあるよう♡

今なら10日間たっぷり使えるトライアルセットが1,480円で試せるのでまずは試してみては?

2.ベースメイクはBBクリームで

マスクで蒸れてどうしても崩れやすいベースメイクは、崩れたとしても汚く見せないようにすることがポイント。崩れたからといってファンデーションをたくさん重ねてしまうのは逆効果です。

花粉時期はパウダータイプよりも密着力が高いクリームやリキッドのファンデーションを使いましょう。
なかでも、1本で下地とファンデーションの役割を果たすBBクリームは、敏感肌に優しいだけでなく、お直しの際も崩れた上から少量を指の腹でポンポンと重ねるだけでキレイに!


■ベースメイクでも花粉をバリアする機能性BBクリーム

dプログラム アレルバリアエッセンスBB

アレルバリアテクノロジーによって肌表面に薄い均一な膜をつくり、花粉をブロックしてくれるBBクリーム。花粉症女子の味方ですね♡

みずみずしく広がって潤いの美容液で肌を包んでいるような感覚なのに、肌の赤みやくすみなどの色ムラをしっかりカバー。

厚塗り感のない軽い仕上がりで、10時間化粧持ちデータを取得(※効果には個人差があり)するほど、長時間化粧崩れしづらい肌に整えてくれます。

3.チークはウォータータイプのもので内側から血色アップ

花粉症だと目をこすってしまうことが多かったり、涙が出てアイメイクを濃く出来ない分、チークやリップで華やかさをプラスすることが大事です。

パウダータイプのチークでは浮きやすく、クリームタイプだと油分が多くてベタつきやすいので、密着力がありながらも肌にさらっとなじむ、ウォータータイプのものがベスト。

BBクリームの上にウォータータイプのチークをなじませたあと、その部分だけ軽くおしろいをはたくとさらに崩れづらくなります。


■新感覚のフレッシュチークが大人気

THREE エピックミニダッシュ

エアリーな透明感で肌の光沢を引き立てながら、内側から染まったような血色を叶えるTHREEのチーク。ウォータータイプのチークの中でも特におすすめです。
店頭では02の、ヘルシーで人懐っこい明るさを引き出すピンクカラーが1番人気♡
チップで頬にのせ、指でポンポンと広げるだけで、いまどきの可愛いメイクになれます。



4.リップはマスクにつかないひと工夫を

顔の印象を左右するリップ。リップがマスクに色移りするのは嫌だけど、可愛いメイクをするのなら、やっぱりマストです。

リップライナーで唇を塗りつぶし、口紅代わりにすると色が落ちづらくなり、マスクにつきにくくなるんです!
また、愛用のリップをティントタイプの落ちにくいものに変えたり、リップコート剤を利用するのもおすすめです。


■マスクに色移りなし!最強リップコート

コーセー リップジェルマジック

リップの上から重ねるだけで塗りたての色が1日続く!
色移り防止成分が唇表面にゲル層をつくり、口紅をしっかりコートするので、マスクはもちろん、飲み物のカップにも色移りしないのが嬉しいですよね。

自分の好きなリップの後にサッとひと塗りで使用できるから、花粉時期だけでなくオールシーズン使いたい便利アイテムです。

5.最後にスプレーで花粉をシャットアウト!

メイクが完成したら、花粉をガードしてくれるスプレーをシューッとひと拭き!

花粉に徹底的に触れない対策をすることで、くしゃみや鼻水、涙などが軽減され、メイク崩れがしにくくなります。

また肌をガードしてくれるので、肌荒れ対策としても○。出かける前はもちろん、持ち歩き用やオフィスなどにも常備しておくことをおすすめします。


■透明のマスク!花粉防御スプレー

資生堂 イハダ アレルスクリーン

肌と髪にイオンの透明マスク効果を!花粉やPM2.5を寄せ付けないようにしてくれる画期的なスプレーです。

メイクやマスクの上からも、もちろんOK。花粉をしっかりブロックしてくれます。肌が敏感でマスクが出来ないときにも頼りになるアイテムです♡

花粉に負けずに春を楽しもう!

これまで紹介したテクニック以外にも、マスカラはウォータープルーフタイプを上まつげのみに塗ってパンダ目になるのを防いだり、ピンク系やレッドブラウン系のアイシャドウをチョイスして、かゆみで赤みが出やすい目元を目立たせないようにするなど、花粉時期でも可愛くいるためのメイクテクニックはたくさん。

花粉の時期だから…と諦めず、様々なアイテムとテクニックを駆使して、可愛くキレイをキープしましょう♡

関連記事