2017.02.18

「どんなシチュエーションが自然?」男性と自然に手を繋ぐ方法

彼と手を繋ぎたい!でも、女性から手を繋ぐのはとても緊張しますよね。タイミングや方法をどうしようかと悩んでいたら、いつの間にかふたりで過ごす時間が終了、なんてこともあるかもしれません。では、男性と自然に手を繋ぐにはどうしたら良いのでしょう?その方法をご紹介します。

1.「はぐれないように繋いでいい?」

デート中に最も手を繋ぎやすいタイミングは、人通りの多い場所を歩くときです。ちょっと先を歩く彼の手を後ろからそっと握ってみましょう。びっくりする彼に、「はぐれないように繋いでもいい?」と少し照れながらも付け加えてみてください。あなたのかわいい行動に、ダメと言える男性はいないはず!ちょっと積極的ではありますが、手を繋ぐことができますよ。

2.彼をリードしてあげる

自然なタイミングを狙うなら、自分がリードするときに繋ぐのがおすすめです。急いでいるときや無意識に体が動いたときに繋いでみましょう!たとえば、信号が赤に変わりそうなときや、お店で何かを見つけて「あっちに行ってみよう!」と誘導するといったタイミング。思い切って繋いじゃえば、変にドキドキした雰囲気にもならずに違和感なく手を繋ぐことができますよ。

3.デートにはヒールで臨む!

デートの際、気合いを入れてヒールのある靴で臨む人も多いはず。それなら、砂利道などの歩きづらい場所を歩くときも、手を繋ぐチャンスです。先を歩く彼の後を追いながら、「ねぇ?」と彼の手を取ってみましょう。「ヒールで歩きづらいからつかまってもいい?」とちょっと遠慮がちにお願いすれば、彼の守ってあげたい欲も刺激されるかもしれません。

4.手のサイズを比較してみる

手を繋ぐチャンスがない!そんなときは彼とたわいない話をしながら手を取り、お互いの手のサイズを比較してみましょう。「手が大きいね!」と言いながらそのまま軽く手を握って、はにかんだ笑顔を彼に向けてみてください。定番な方法かもしれませんが、軽く触れてからなら手を繋ぐきっかけはつかみやすいもの。後は自然に手が繋げるものですよ。

5.暗い場所でのデートにする

自分から繋ぐのはやっぱり恥ずかしい、そんなあなたにおすすめなのは暗い場所。水族館や夜景を見に行くときなど、暗い場所でのデートを提案してチャンスをうかがいましょう。手と手が触れそうなくらい近づいたら、そっと彼の手に自分の手を重ねます。顔が見えない場所でなら、ちょっとだけ大胆に行動できるはず!

手から伝わる想い

手を繋ぐのは特別なこと。付き合っている男性はもちろん、まだお付き合いに至っていない相手にも、手を繋ぐことで自分の好意が伝わります。さりげなく手を繋ぎ、自分の好きの気持ちを彼に伝えましょう。(sariii/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事