2017.02.18

いつまでも大事にしたい、「愛され彼女」の法則

大好きな人の彼女になったからといって、幸せになれるとは限らないもの。せっかく付き合えても、浮気をされたり、飽きられて別れを告げられることもあるでしょう。浮気症の彼氏に振り回され続ける女性がいる一方で、いつまでも彼氏から愛され、大事にされている女性もいますよね。そんな「愛され彼女」たちは、いったいどんなことに気をつけているのでしょうか?実際に「彼女大好き!」と豪語している男性への取材から、愛され彼女のポイントを読み解いていきましょう!

■「無用な疑い」は崩壊のもと!

「元カノは俺の浮気をいつも疑って、隠れてメール見られたりSNS監視されたりしていた。でも今の彼女は、そういうことをしないし、信頼してくれるのがわかるから、彼女の信頼を裏切っちゃいけないなぁと」(20代/広告代理店/交際歴2年)

自分に自信がなかったり、彼の愛情を信じられなかったりすると、浮気を疑ってしまう女性も多いもの。安心したくて彼のスマホを盗み見したり、彼に問い詰めたりしてしまう女性も少なくないでしょう。愛され彼女は、彼からの愛情も、彼自身のことも心から信頼しているため、彼を疑うような言動はしません。その「あなたを信頼しています」という態度に、彼も「彼女の信頼を裏切らないようにしないと」と理性で物事を判断できるのです。

■「大好きだから彼に合わせる」はキケン

「彼女は趣味が充実していて友達も多いから“今から会おう”って言っても絶対に会えない。(笑) だから会えるときは全力で楽しもうって思うし、楽しみで前の日からよく計画します」(20代/商社/交際歴3年)

彼の都合だけで急に呼び出されても出ていったり、彼が好きだというファッションや音楽にのめりこんだり…。大好きな彼のためになんでもしてあげたい!と尽くすと、その真剣な気持ちとは裏腹に、彼にとっては「都合のいい女」になりがちです。愛され彼女たちは、彼との時間以外も充実しているので、彼の都合だけでは動けません。そんな「少し都合の悪いところ」が、彼を鼓舞し、そして愛されるコツなのでしょう。

■「従順な女」はイイ女?

「元カノは常に受け身で、ふたりで行く場所や食べるものも、全部俺が決めていました。今の彼女は俺の提案に“それは食べたくないからこれがいい”って言える子で、一緒にいて楽。こういう関係って大事だなって思うし、お互いの好みも知れて付き合う年数が長くなるごとに好きになっています」(20代/公務員/交際歴5年)

デートプランや食べるものなど、すべてを毎回考えるというのは、彼にとっても実は大きな負担。じょじょに「一緒にいるのが苦痛」と思われてしまうでしょう。また、嫌なことは嫌、ダメなことはダメと伝えられる女性こそが、大事にされる彼女。彼の言うとおりになっていたら、一緒にいてもつまらない人だと思われてしまいがち。お互いの違いを楽しみ、リスペクトし合える関係を目指しましょう。

■「油断させる」と「不安にする」は別物

「彼女は友達も多いし、そのなかには男もいるけど、そのなかでいつも俺の話をして惚気ているよって共通の友達が言っていて(笑) 俺のことが大好きなんだなぁと思うと嬉しいし、不安にならない。友達に自分の話をしてくれるのはいいなって思う」(20代/学生/交際歴2年)

よく、恋愛の駆け引きとして「彼を不安にさせる」というものが挙がりますよね。確かに、彼が「俺が何したって許してくれるから」と油断させるのはよくありませんが、だからといって彼の不安をあおるのは逆効果。彼に浮気のチャンスが舞い込んできたときに、彼女の不安な言動を見て「なら俺も」と浮気に走ってしまう可能性があるからです。彼氏から信頼される彼女こそが、愛され続ける彼女です。信頼される彼女になりましょう。

おわりに

愛され彼女は、自分の意見を持ち、彼を信頼し、そして彼に信頼されています。「彼に浮気されるかも」と不安になる前に、自分から彼を信頼するように心がけるといいですね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事