2017.02.23

ラブラブな秘訣、知りたくない?幸せオーラたっぷりなカップルの特徴

ふと目にしたカップルがとても幸せなオーラに包まれていて、うらやましいと感じた経験のある女性も多いのでは?思わずじっと見てしまう幸せそうなカップルみたいになりたいと、思わず考えてしまいますよね。でも、どういったカップルにそんな幸せオーラって表れるのでしょうか。その特徴を、ご紹介しましょう。

■足りない部分を補い合う

相手の不足している部分を欠点だからと見捨てるのではなく、相手が苦手なところは代わりに自分がしてあげようという優しさがあるカップルこそ、幸せに過ごせるもの。相手の欠点をそのまま受け止めてしまうとグチへと発展してしまいますが、それもひとつの個性だと受け止めることで、穏やかにふたりの関係性を保てます。補い合えることこそが、ふたりでいることの大きな意味でもありますね。

■自然と手つなぎをする

ふたりで歩いているときなどに、お互いに自然と手をつなぐことができれば、ラブラブなカップルの証拠です。自然にスキンシップが取れるということは、愛が偏っていたりせず、お互いに良い関係が築けているということ。ただし、あまりにもベタベタしすぎていては周囲から見て爽やかなカップルとはいえませんので注意しましょう。また、けんかの仲直りのきっかけになることもあるので、手つなぎを習慣化してみるのはいいことですよ。

■ふたりで何でも楽しめる

ショッピングや旅行などのデートや、ただの買い出しにいたるまで、ふたりでいればなんだって楽しめるのは、幸せなカップルならではのこと。カップルになりたての頃には愛も高まっていることが多いですが、交際期間が長くなるにつれてその熱も冷めてきてしまうものですよね。時にはケンカをしてしまっても、「楽しいな」「充実しているな」と感じられていればきっと幸せオーラが自然とにじみ出るものですよ。彼ともっとラブラブになりたいのなら、日常的に「こんなことがあった!」という発見や、身近なニュースなどのたわいのない会話を積み重ねてコミュニケーションをとってみましょう。

■お互いの好みを理解している

自分の恋人が好きな趣味や、力を入れていることを理解していると、居心地のよい関係が築けてラブラブに過ごせます。彼が仕事に熱を入れているのに、彼女が「デートしたい」とわがままをいっていれば、彼は離れていってしまいますよね。生活スタイルのひとつひとつを理解し合って、毎日快適に過ごすことが相手への信頼感を生んで、幸せなオーラをつくってくれるのです。信頼関係がつくれれば相手を疑うこともありませんから、無理に束縛などする必要もありませんよ。

■相手を尊重することが大切

対等な関係を心がけ、お互いの立場を尊重できるカップルは、幸せな気分で時間を過ごせます。ラブラブを満喫するために、できることからはじめてみてくださいね。(SACCHI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事