2017.03.06

合コン前に要チェック!すぐにマネできる男子の心鷲掴みセリフ4つ

期待大の合コンへは、後悔しないようしっかりと準備してから行きたいもの。そこで今回は、合コンで必ず使えるセリフを4つご用意しました。事前にチェックしてこんなセリフで彼と会話すれば、きっとお近づきになれるはずですよ!

●「その話、もっと聞かせて? 」

合コンでは、狙った相手と隣同士で座るのが鉄則。座席が遠いと、十分に話す機会が持てません。正面でも話はできますが、隣のほうが有利なため、いち早くお気に入りをピックアップしてできるだけ隣の席を確保しましょう。

そして隣同士で会話ができるようになったら、まず使いたいのが「その話、もっと聞かせて?」というセリフです。男子は、自分の話に興味を持ってくれる相手に安心感を抱いてしまうもの。興味がある=好意があるという意思表示にもなるので、ぜひ使ってみましょう!

●「〇〇君といると癒される……」

しばらく話が続いたら、もっと直接的に相手の評価を伝えてみましょう。たとえば、癒されるというワードを使えば「あなたに安心していますよ~」「心を許していますよ~」という気持ちを相手に伝えられます。

彼は「自分は信用されているんだ」と思うと、「もしかしたら、いけるかもしれない…!?」と根拠のある自信を持ち始めます。男子からのお誘いを促してあげることにつながるので、ぜひ使ってみてください。こちらからボールを投げてあげれば、相手もアプローチしやすくなりますよ。

●「~だけど、大丈夫?」

話をしている最中だけでなく、席を立ったときや運悪く席が離れてしまったときにも使える便利なキメゼリフ。

たいしたことでなくて構いません。「隣空いてるけど、ここ大丈夫?」でまず隣の席をゲットしましょう。けっこうお酒が進んでいそうなら、「飲みすぎじゃない?大丈夫? 」と心配気味に声掛けしてみましょう。また、グラスが空きそうなら「飲み物のおかわり大丈夫?」と聞いてあげるのも◎。「大丈夫?」というワードを使うことで、気遣いのできる家庭的な女子を演出できますよ。

●「大きな手だね!」

これは初対面の相手との距離を一気に縮めることができる、とっておきのキメゼリフ。当たり障りのない話題をしているときに、ふとカラダのほうへ目線と話題を変えてしまうというテクニックです。

男女ではカラダの大きさや特徴が違います。そんなセクシャルな話題をふたりだけですることで、男女を意識する雰囲気を作ることができるのです。

取り上げるのは腕でも足でもなんでもOK。話ついでに相手から触れてもらえる可能性も高いですし、こちらからさりげなく触れることもできますよ。ぜひ試してみてくださいね。

●おわりに

合コンで好みの相手を落としたいなら、男子にリードして欲しいからと待っているだけではNG。みなさんも、その気にさせるキメゼリフを使ってどんどん自分からも仕掛けて、男子をその気にさせることを意識してみてくださいね。4つのセリフを使うだけでグンとお近づきになれるはずですよ!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事