2011.11.23

今日はおうちで本格パスタ。10分でできるシンプルペペロンチーノの作り方

シンプル・イズ・ベストの基本のスパゲティ。作り方もシンプルなので手順を頭にいれておけば、スパゲティのゆで時間内で出来上がるほどあっという間に作れます。


材料(1人分)

・スパゲティ 100g (ゆで時間78分のものがおすすめ)

・オリーブオイル(サラダ油でも可) 大さじ2

・にんにく 2

・鷹の爪 12本(すでに輪切りにしてあるものの場合、ひとつまみ)

・パスタのゆで汁 大さじ2

・塩・ブイヨン 適量


作り方

1.スパゲティをゆでるお湯を沸かし始める。

 

2.お湯が沸騰するのを待つ間に材料を切る。

 にんにくは薄切りにし、鷹の爪は輪切りにして種を取る。

 ※鷹の爪ははさみを使うと切りやすい。

 

3.お湯が沸いたら塩(分量外)を入れ、スパゲティをゆでる。

 スパゲティをゆでている間にソースを作る。

 

4.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ火にかける。

 最初中火で。泡が出てきたら弱火で。

焦げてしまわないように注意。

 

5.にんにくがほんのり色づいてきたら、鷹の爪を加えて炒める。

 ※にんにくが焦げてしまいそうな場合はここでいったん火を止める。スパゲティが

    ゆで上がる301分ほど前に再度火を入れ(弱火)、温める。



6.パスタのゆで汁を大さじ12ほど加えてよく混ぜ、塩とブイヨンで味つけをする。

ゆで汁は一気に入れると水分が跳ねるので、少しずつ入れる。



7.ゆで上がったスパゲティを投入し、ソースとからめる。

 

 

8.器に盛り付け、完成。

ポイント

スパゲティをゆでるのと、ソースを作るのを同時進行させるのが時間短縮のポイント。

 

特別に用意する材料はなく作り方も簡単なため、パスタの本場イタリアでも時間のないときや、夜中にお腹がすいたときなどに好まれるそうです。

 

参考文献

『パスタ・ブック』 監修:澤口知之(平凡社)

『はじめてのスパゲティ』 監修:小林カツ代(マガジンハウス)

『決定版 落合務の基本のイタリアン』(講談社)

 

関連記事