2017.03.07

あんなにラブラブだったのに…カップルの「愛が冷めてしまう」原因

うまくいっていたラブラブカップルであっても、なんだかうまくいかなくなってしまうこともありますよね。

それがちょっとした原因であっても、最終的には別れへのキッカケになってしまうことだってあるでしょう。

そこで今回は、カップルの「愛が冷めてしまう」原因を紹介します。

1.いつでも常に「一緒にいる」

「休日はもちろん、普段の仕事の後なども一緒にいるようになると、やっぱり飽きるのも早くなってしまいますよね。お互いにかなりのマンネリ感を感じていると思います」(26歳/男性/公務員)

付き合ったばかりの頃は、誰だってずっと恋人と一緒にいたいと思うもの。
でも、そんな状態をいつまでも続けていたら、さすがにお互い飽き飽きしてしまうはず。
恋人との時間だけではなく、ちゃんと自分の時間も持っていないと、次第に息苦しさを感じてきてしまいます。
それでは、愛情も急速に冷めていってしまうでしょうね。

2.会えなくても「平気」になる

「会えないことが多くなったりしても、特に心配されたり、不満を言われたりしなくなると、なんかもう終わりなのかなとか思っちゃいます。恋人同士でいる意味がなくなっちゃうかも」(28歳/男性/営業)

「会いたい会いたい」と何度もしつこくせがむのは、男性にはかなり煙たがられます。
とはいえ、会えない日々が続いているのに何の連絡も来なかったりすると、それはさすがに不満に感じるもの。
会えなくても平気になってしまうと、カップルである必要性も感じられなくなって、自ずと別れを選択してしまうでしょう。

3.「結婚」への考え方が全く違う

「結婚や家族などに対する考え方が違いすぎると、このまま付き合っていても仕方ないかなって感じますね。最終的にゴールインできる気がしないですからね」(30歳/男性/保険会社)

付き合っていれば、いずれは「結婚をしたい」と誰もが考えるものでしょう。
でも、結婚に対する考え方があまりにも違う場合は、「この子とは結婚は無理だな」と男性も思ってしまいかねません。
結婚後の仕事のことや子どもがほしいかどうかなどでかけ離れた考えを持っていたら、将来を一緒に過ごしていける気がしないはず。
そうなると、必然的に気持ちも冷めていってしまうことでしょう。

4.「当たり前」になりすぎる

「付き合いが長くなってくると、だんだん馴れ合いみたいになってきて、思いやりもなくなってしまいますよね。いつもそれが破局への一番のキッカケになっている気がします」(30歳/男性/商社)

お互いの存在が「当たり前」になりすぎてしまっている。
交際が長くなってきたカップルが別れを迎えてしまう原因になりやすい点がコレです。
「ありがとう」や「ごめん」を言わなくなったり、相手の話をちゃんと聞かなくなったり…。
そんなことが続くと、一緒にいても冷たい空気が流れるだけ。
いつまでも最低限の思いやりは持っていないと、愛情は保っていけないでしょう。

おわりに

愛が一度冷めてしまうと、元の状態に戻すのはかなり困難になってしまいます。後々になって後悔するようなことがないように、普段から相手への思いやりはちゃんと持っておきましょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事