2017.03.11

ちゃんとチェックはしておいて!「SNS」での出会いで注意するべき点

誰もが何かしらのSNSをやっている現代では、そこからの出会いで恋愛に発展するケースもあるでしょう。

でも、ちゃんと細心の注意は払っておかないと、後悔してしまうようなことにもなりかねません。

そこで今回は、「SNS」での出会いで注意するべき点を紹介します。

1.簡単に「個人情報」は教えない

SNSを通じて仲良くなったとしても、すぐに個人情報をどんどんと教えてしまうのはかなり危険です。
真面目そうな男性だからとか、悪い人ではなさそうだからと感じたとしても、本当の素性まではなかなかわからないもの。
SNS上でわざわざ自分の悪い面を見せる人なんてまずいないので、簡単に信用してしまうのはNGです。

特に、すぐに個人情報を聞きたがってくるような男性には要注意。
悪用されてしまう可能性だってあるので、しっかりと関係性が築けるまでは教えるべきではないでしょう。

2.写真を「加工しすぎない」

SNSに自分の顔写真を載せるときは、多くの人が多少は加工をしたり装飾をしたりもしてしまうはず。
でも、あまりにも加工をしすぎると、実際に会ったときに男性が受けるショックが相当大きなものになってしまいます。

気になる男性には自分を良く見せたいでしょうし、好かれたいという気持ちが働くのも当然のこと。
とはいえ、顔写真を可愛らしく加工しすぎるのは、自分で自分のハードルをどんどん上げるだけ。
あまりにも男性の期待値を上げてしまうと、そこから恋愛へ発展されることが逆に難しくなってしまいますよ。

3.ちゃんと「フリー」なのかチェックする

SNS上では、彼女がいるくせに、平然と声をかけてくるような男性もいたりします。
彼女の有無などは簡単に隠せちゃいますし、なかなか真相はわかりにくいもの。
もしかしたら、彼女どころか結婚している可能性だってあり得ます。
だからこそ、そういった点は特に慎重にチェックするべき。

実際に会ったりする前に、フリーなのかどうかはちゃんと聞いておくのはもちろん、投稿内容を見て、彼女や奥さんがいたりするような気配がないかも調べた方がいいかも。
自分でも気づかないうちに不倫に巻き込まれていたなんてことになったら最悪ですからね。

4.「のめり込みすぎる」のは禁物

SNSで気が合う男性と知り合って、毎日のようにやりとりを交わしていると、すでに擬似恋愛をしているかのような感覚にもなりがち。
そのままどんどんとのめり込んでいってしまい、まだ会ったこともないのに男性に夢中になってしまうなんてこともあるかも。

ただ、実際に会ってみると、「思っていた人と違った」なんていうことはよくあることです。
会う前にあまりにも盛り上がりすぎてしまうと、会ったらがっかりしてしまう確率だって上がるだけ。
なので、のめり込みすぎて、会ってもいないのにいきなり恋愛モードになってしまうのはやめた方がいいでしょう。

おわりに

「SNS」は新しい出会いのキッカケにもなるかもしれません。でも、なかなか素性はわからない相手なので、慎重になることは忘れてはいけません。徐々に距離を縮めていき、少しずつ信頼を築いていけるような相手だと安心もできるでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事