2017.03.11

ときには厳しく叱っちゃおう!彼氏の浪費癖を直すひと言

彼のことは大好きなんだけど、どうしてもお金にルーズで浪費癖が激しいことがネック!と悩んでいるあなた。可愛いひと言で、彼の浪費癖を直してみませんか?どうせ直すなら、叱りながらも可愛いひと言で、彼を前向きにさせちゃいましょう!

1.「一緒に貯金、始めちゃおっか」

「お金が手元にあるのに、使って何が悪いんだ!」浪費癖がある人は深く考えずにあるお金をある分だけ使うのです。そもそもお金を整理整頓する能力のある人は、浪費癖はつきませんよね。自分で貯金用の口座にわざわざ分けるのですら面倒くさいのでしょう。それなら、「一緒に貯金をする」方法を取って、嫌でも貯まるようなしくみをつくってみては?あなたが彼からお金をもらい積み立てるのです。何か貯めた後の目的を設定してもいいし、金額だけの設定でもいいので、ゲーム感覚で貯金を始めてみましょう。

2.「好きなお菓子何個も買えるなぁ」

あなたが「これ必要?」と思ったものを彼が手にしたときに、ボソッと「あーぁ…、それひとつで私の好きなお菓子何個も買えちゃう。」とつぶやいてみましょう。悲しそうな表情をしながら言うのがポイント。悲しげな彼女の顔に、なんだかいたたまれなくなって浪費をやめてくれるはず!
ただし、上から目線で「これ必要なの?」と言うと、彼もカチンときてしまうのでやめましょう。あくまで彼女であるあなたが悲しんでいる、という事実を伝えることが大切なのです。

3.「旅行のために我慢してるの!」

一緒にショッピングに行っていて、彼がいつものごとく浪費を始めたら、そのあとは自分の買い物に付き合ってもらいましょう。可愛いアイテムを見つけたら、「すごいほしい…でもやめとこ!」と名残惜しくアイテムを戻してください。浪費家の彼はきっと「買えばいいのに」と言ってくるでしょう。そこで、「あなたとの旅行で楽しむために、我慢してるの!」と、彼のためにお金を貯めて我慢していることを伝えるのです。健気な姿に心打たれ、自分も彼女のために何かしようかなと、浪費を抑えることに前向きになってくれるでしょう。

4.「節約上手な男性は魅力的だよ」

彼と一緒に過ごしているときに、テレビを見ながらもしくは雑誌を見ながらなど、何かをしながらふと「節約できる男の人って…ステキだよね~。」とつぶやくのです。彼はドキッとするはず。あからさまに嫌味のように言ってしまうと、反感を買ってますます浪費に磨きがかかってしまうこともあるので、あくまでさりげなくあなたの好みとして言うようにしましょう。彼だって、好きな彼女にとって魅力のある男でいたいものです。その部分を刺激すれば、節約に前向きになってくれるはず。

彼の気分の乗せるように

ストレートに「浪費が激しいからどうにかして!」と怒るだけでは、彼のプライドを傷つけて逆効果になってしまうことも。彼の気分が前向きになるように、可愛く伝えてみてくださいね。(sa_ko/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事