2017.03.12

男性ウケのいい「小悪魔」と、本気で嫌われる「悪魔」の違いって?

こんにちは、コラムニストの愛子です!

男性ウケがいいイメージの小悪魔女子。うらやましく思っている女性も多いのではないでしょうか。しかし一歩間違うと、本気で嫌われる「悪魔」になってしまう可能性もあるのです…!

そこで今回は、小悪魔女子と悪魔女子の違いを男性たちに聞いてきました。

1.悪気があるかないか

「小悪魔って、悪気なく男を振り回すような子のことだと思うんだよね。男が困っているのを知っていてワガママを言う女性はそのうち愛想尽かされると思うよ」(26歳/運送)

悪気があるかないかって、バレてしまうものです。いくら天然で男性を振り回しているフリをしても、付き合いが長くなれば気付かれてしまうもの。カレを困らせているかな?と相手のことを考えてしまった時点で、それは「悪魔」な言動になってしまっているかもしれません。そういう方は、小悪魔を目指さずより思いやりがある女性でいたほうが、勝ち目があると思います。

2.体の関係を持つか持たないか

「小悪魔は、その気がある素振りを見せて男を翻弄するけど、エッチはさせてくれない。誰とでも寝る女性は小悪魔とは言えない。もし軽い女性だってバレたら、男からは嫌われるか遊ばれるかどっちかだと思うな」(27歳/広告)

男性は、手に入りそうで入らない女性に翻弄されるもの。誰にでも簡単に体を許していては、軽く見られるだけなのではないでしょうか。それは小悪魔とは呼べないはず。ただ稀に、体を許してからも男性から追われる生粋の小悪魔が存在します。でもそんなケースはそう多くはありませんから、真似しないほうがいいでしょう。

3.可愛げがあるかないか

「可愛げがあるのが小悪魔、ないのが悪魔。少しくらいのワガママは、可愛げがあれば聞いてあげられる。可愛げがないワガママは本当にウザい」(28歳/貿易)

可愛げって、出そうと思って出せるものではないので難しいですよね。ただせめてワガママを言うときは可愛い口調にしてみるとか、ラブラブなときに言うとか、工夫することはできると思います。冷めた口調で偉そうに命令されると腹が立つけど、抱きついて甘えた口調でお願いされると聞いてしまうという男性は多いですよ。ちょっとした言い方やシチュエーションの違いで、可愛い小悪魔だと思ってもらえるか、ウザい悪魔だと思われるかが変わるのかも。

4.奢らせる(貢がせる)金額の違い

「小悪魔が奢らせたり貢がせたりする額はたかが知れている。本当の悪魔が要求してくる額は半端ない。金銭感覚って知らないうちに麻痺するから、気を付けたほうがいいと思うよ」(33歳/金融)

男性に奢られ慣れている方や、1度でもリッチな男性と付き合ったことのある女性は気を付けて。小悪魔女子を演じているつもりでも、知らず知らずのうちに、男性が負担に感じる額を要求してしまっているかもしれません。安上がりな女だと思われるのもイヤだと思うかもしれませんが、お金がかかる女性だと思われると、恋が遠のくこともあります。心当たりがある方は、金銭感覚を直したほうがいいかも。

おわりに

「可愛げ」のように意識したからといって出せるとは限らないものもありますが、気を付けられる項目も多かったと思います。本物の悪魔になってしまわないように、参考にしてみてください。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事