2017.03.13

一生結婚できない!?彼女持ち・既婚者を好きになってしまう女子、その原因とは

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
先日、年齢=彼氏いない歴の女性と出会いました。
好きになる人はいつも彼女・奥さんがいて、うまくいかなかったとのこと。成就させるわけにいかないし、成就してしまっても、その先幸せになれるとは思えない…なんとも辛い恋です。
そこで今回は、いつも彼女持ち・既婚男性を好きになってしまう女子の共通点をまとめました。

自分を人と比較しがち

自分と人とをいつも比較してしまう女子は、友人の彼氏や旦那さんを好きになってしまう傾向があります。
友人の彼氏・旦那さんと知り合い、友人ではなく自分が彼女・奥さんだったらと想像する。
そして、友人の彼氏・旦那さんを好きになる…というパターンで恋に落ちることが多いのです。
受験する学校や就職先の会社を人気度合いで決めたり、部活やサークルを決めるときに自分のしたいことではなく人がどんなことをしているのか気にしてばかりいた人は、要注意。
当てはまるなと感じたら、友人の彼氏・旦那さんと知り合う機会は最初からつくらない方が良いかもしれません。

愛するよりも愛されたい

愛するよりも愛されたいタイプの女子は、男性が彼女持ち・既婚者とわかっても恋愛モードに突入してしまいます。
普通は彼女持ち・既婚者とわかればブレーキを踏むのですが、愛されたいタイプの女子は男性の好意を受け取ってしまうからです。
もちろん気があるような言動をする男性側にも問題がありますが、男は新しい獲物に食いつくものだということを頭に入れておきましょう。
人よりも愛されたい願望が強いのに、自分だけを愛してくれない男性にのめり込んでしまうと切ない結末を迎えてしまうかもしれません。

理想が高い

理想が高い女子も彼女持ち・既婚オトコにハマってしまう典型的なタイプ。
なぜなら、彼女持ち・既婚者ということは、「他の女性から見ても素敵な男性」ということの現れだからです。
素敵な男性は素敵な女性と既に付き合っている・結婚している確率が高くなってしまうもの。
「類は友を呼ぶ」という言葉通り、自分自身を磨けば近づいてくる男性の質も向上します。
人の彼氏・旦那さんに惹かれてしまうのなら、まずは自分を磨いて素敵な独身男性と出会う確率をあげましょう。

ブランド志向

ブランド志向の女子は、「人のもの」というブランドで男性に惹かれてしまいがち。
誰かのものだからほしくなってしまうタイプです。
いつも人の彼氏・旦那さんを好きになってしまうという人は、一度「この人と違う出会い方をしても好きになっていたかどうか?」ということを考えてみてください。
ブランドを手に入れる優越感から抜け出せないのなら、男性ではなく仕事や趣味に没頭して気持ちの向かう先を変えてみるのも一つの手かもしれません。

おわりに

素敵な男性には、彼女・奥さんがいるのはよくあることです。
それでも、その気持ちにブレーキを踏んで自分の『良いオンナ度』をあげていけば、必ず別の良い出会いがあります。
信じて危険なルーティンから抜け出してくださいね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事