2010.02.12

実は結構払ってる!いまいちど見直してみよう☆ 携帯代を上手に節約する方法

携帯代って、年間にすると結構ばかにならないお金がかかってますよね。携帯なんて持たなかったらお金はかからないけど、今の時代、携帯なしで生きていくなんて出来ません。そこで無理なくできる携帯代を節約する方法を考えてみました。

まずは料金プランを見直そう

毎月送られてくる明細をきちんと確認していますか?よくよく見直してみると、使わないオプションが契約されたままだったり、新しい割引プランが出ているのに申し込んでいなかったりと改善できる点が出てくると思います。自分じゃよくわからないという人は、ぜひ近くのショップで見直してもらいに行ってください。最適なプランで、無駄な料金を支払わないようにしたいですよね。

各社割引サービス

・au
 -指定通話定額:月額定額料390円 (税込) で指定した3件までのauケータイへの国内通話が24時間無料 (テレビ電話通話料60% OFF) 国内発信Cメールも無料!
 -指定割:月額315円で3件の指定先への通話料・テレビ電話通話料が日本全国50%OFF。au電話はもちろん、一般電話も指定OK!
 -誰でも割:2年単位の継続契約を条件に、基本使用料を割引するサービスです。割引額は「年割+家族割」ご加入時の最大割引。また、「家族割」との併用で家族への国内通話が24時間無料となります
 -年割:au加入時から基本使用料15%OFF!最大で25%OFF! など

 

・ ドコモ
 -パケホーダイダブル:あまり使わなかった月は、月額税込390円、iモードへのアクセスも、iモードメールも、どんなに使っても、最大で税込4,410円
 -(新)いちねん割引:1年間使うごとに、基本使用料を割引します。最大25%OFF。
 -ひとりでも割50:2年単位での継続利用を条件に、申し込んだその日から、1人でも基本使用料50%OFF
 -ファミ割MAX50:家族で2年間単位での継続利用を条件に基本使用料が50%OFF。「ファミ割MAX50」ご加入で家族への国内通話が24時間無料に

 

・ソフトバンク
-Wホワイト:ホワイトプラン(月980円)にプラス月980円支払えば、1時~21時はソフトバンク同士通話無料、21時以降も通話料半額、その他の携帯への通話料は終日半額に。

低料金な携帯会社に変えよう

私はいままで個人で携帯を使うだけだったので1つの携帯会社のことしかわからなかったのですが、働いている会社ではau. docomo. Softbankと3キャリアすべてを使っているので月々の支払い金額を比較出来ます。だから比べてみたんですけど、大体同じような一番安いプランにしているのに支払い金額には差がでています。一番高いdocomoと一番安いauとでだいたい3000円~4000円ちょっと。これを年間にしたら5万円弱も違ってきます。これなら、ちょっとアドレス変更のお知らせをする手間をかけてでも、思い切って利用する携帯会社を変えてみるのもアリなんじゃないでしょうか。

クレッジトカードを利用して節約

クレジットカードには、携帯電話のヘビーユーザー向きのポイント設定されているものもたくさんあります。ショッピングなどよりも、携帯電話料金の支払いで貰えるポイントの方が還元率が高かったりすることも。例えば…
1.NTTグループカード
  該当月のクレジットカードご利用金額に応じてドコモの携帯電話等のご利用料金が、
最大60%キャッシュバックできます。
例えば、クレジットカード利用料が50万だと、携帯代50%がキャッシュバック!
50万も使わないという人もいると思いますが、携帯代、電気、水道代などをクレカ引き落としにしておくと、
毎月5万位は使う人もいるのではないでしょうか。そうすれば、3%はキャッシュバックとなります。

  

2. Docomo JCBカード
  docomoの携帯の機種代金等に使えるドコモポイントが貯まります。

3. KDDI THE CARD JCB
KDDI各種サービス(au・DION・光プラス・メタルプラス・国内/国際固定電話)のお支払いに使える。auポイントプログラムのポイントへ移行ができる。

 などなど。その他のクレジットカードのサービス内容にも携帯代をうまく節約できるサービスがついている場合があるので、あなたのカード会社のサービスも確認してみてください。


モバイラーズチェックカードを利用する(ドコモのみ)

モバイラーズチェックカードというのを知っていますか。モバイラーズチェックカードは贈呈などに使われるドコモの商品券です。このモバイラーズチェックカードを使ってドコモ通話料金を払うことができます。
モバイラーズチェックカードは金券ショップや、オークションなどで購入でき1割引きで入手可能です。つまり携帯代10%OFFできるのです。

関連記事