2017.03.14

自分にあったプランで!若いうちに結婚するメリット・デメリット

大好きな彼氏と素敵なゴールインをする…そんな展開は女子にとって憧れですよね。女性の平均結婚年齢が上がっていると言われていますが、せっかくだったら若いうちに結婚したいと思っている人もまだまだいるはず。今回は若くして結婚するメリットとデメリットについて紹介します。

メリット1.結婚式が盛り上がる

「20代前半で結婚した友達はみんな結婚式がイケイケでした。若いからドレスも派手だったり、友達もノリノリで参列している。それはそれでとても楽しそうでした」(30歳/販売)

「若い時に結婚すると、婚約・挙式・新婚旅行など全てが新鮮なイベントで盛り上がります。歳をとればとるほど、友達の結婚式なども散々見てきているので冷静になってしまいイマイチ盛り上がりにかけます」(31歳/事務)

露出度の高い派手なウエディングドレスを選ぶ気になれたり、参加する友達もノリノリだったりと、若いうちの結婚式は若さゆえの勢いで盛り上がりやすくなります。憧れの結婚式を彼と作り上げていくワクワクとドキドキがいい思い出になるでしょう。

メリット2.家族計画に余裕がでる

「早く結婚した友達は、30代で中学生の子供がいて子育てにも余裕があります。
子育てが落ち着いて自分の人生を楽しんでいる感じです。私は30代の今、1歳の息子がいるので、まさに子育てに身も心も削られています」(35歳/マスコミ)

「結婚が早いと、子供をいつ作るかとかそこまで焦らずに考えられると思います」(30歳/メーカー)

早くに結婚・出産を経験しておくと、20代で子育ての山場をむかえて、30代はまた自分のやりたいことを思いっきりやるということが可能になります。

また、第二子・第三子など子供をいつ産むのかという計画を立てる際も余裕がもてるのがメリット。仕事よりも家庭を重視したい女子は、早めの結婚が吉と言えるかもしれません。

メリット3.心に余裕がでる

「24歳で結婚しました。まわりの友達が『そろそろ婚活だよね』と言っているときも夫と好きなことをしてのんびり過ごしていました。周囲からのプレッシャーもなくて気楽です」(29歳/メーカー)

「家族がいるというのはとても安心します。お互いの家族や親戚と会うことで人とのつながりも感じられます」(28歳/IT)

家族がいるという事実が、心の安定をもたらしてくれるということがあるでしょう。待つ人がいる・待ってくれる人がいる。結婚という形で結ばれた相手だからこそ一緒にいて安心できるということもあるかもしれません。若くしてそのような安定を手に入れられるのはメリットと言えるでしょう。

デメリット1.経済的に余裕がない

「お互い若いときに結婚をしたので、とにかくお金に困りました」(32歳/不動産)

「お金もそうですけど、精神的にもまだまだ子供だったのでとにかくケンカが絶えませんでした」(30歳/事務)

社会人になったばかりだったり、数年しか社会に出ていない状況で結婚してしまえばもちろん貯金も満足にできません。さらに子供を産むことになればあっというまに様々な費用がのしかかってしまいます。無計画に早めの結婚をすると、家計が火の車なんてことも…。

デメリット2.急ぎすぎたと後悔する

「もっと、いろんな人を見て決めればよかったと思うときはあります」(31歳/サービス)

早くして結婚したことで「もっと、慎重になればよかった」などの後悔が出てくることもあるようです。社会に出て働けば働くほど考え方や生活も変わってくるもの。ある程度考えが落ち着いた段階でしっくりくる相手と結婚するのが幸せだというパターンもあるかもしれませんね。

おわりに

結婚は早ければいいものでも、遅ければいいものでもないのかもしれません。自分のタイミングを見極めて素敵な結婚生活を送ってくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事