2017.03.17

セクシー以外でもアピール可!男子がドキドキを感じる瞬間

「色気なんて自分はほど遠い…」なんてモテを諦めてしまっている女子も多いのでは?
しかし、男子が女子を意識するポイントって実はさまざま。セクシー路線じゃない女子でも気軽に男子をドキドキさせちゃうことは可能ですよ!今回は男子がドキッとする、意外な瞬間を集めました。

1 きれいな手先を見たとき

「女子の手って男と全然違うよね。男ってごつごつしてて爪も丸くてちょっと汚い(笑)女子の手ってネイルとかしてなくてもつやつやしてて白くて爪がきれいなピンク。きれいな手見てたらあー女の子なんだなあって実感して意識しちゃう」(20代/製薬)

女性の好きなパーツで手がすき!という男子、意外と多いんです。細い指、透き通った肌、きれいなピンク色の爪は女性の象徴。手先のケアをしっかりして彼をドキドキさせちゃいましょう!

2 つやつやの唇を見たとき

「グロスとかつけてるとドキドキする。濡れたみたいにつやつやだと女子って感じがしてすごく色っぽい。グロスを塗るしぐさも女っぽくて好き」(10代/学生)

「ぷるぷるの唇って果物みたい。食べたい(笑)」(20代/学生)

ぷるぷるの潤った唇はちょっぴりセクシーですよね。女子の化粧が苦手な男子も、唇は無意識にチェックしてしまうパーツです。セクシー系のメイクが苦手、という女性もリップグロスくらいならハードルが低そう。まずは唇から攻めてみるのも一つの策です。

3 ギャップを感じたとき

「普段元気な子がしょんぼりしてたり、普段おとなしい子がたくさん笑ってたりすると見ちゃうかも。あれ、普段と雰囲気違うなーって頭から離れない。結局ギャップにやられるのかも。ギャルっぽい子が茶道とか習字とか習ってるっていうのもめっちゃ良い!」(20代/広告)

普段とは違う一面をあえて見せてみたり、新しく習い事を始めてみることは難しいことではありません。男子をドキッとさせるギャップって、実は簡単に作れるものなんです。普段とは違う自分の一面をアピールしてみましょう。彼もドキドキが止まらないはずです。

4 身の回りがきれいに整理されているのを感じたとき

「セクシーな服装とかの人もドキドキするけど、一番ときめくのは会社の机とか工夫して整頓してる女子。百均で売ってるような鞄かけを会社の机に自分で取り付けてる子がいて、なんかすごくときめいた。しかもそれがけっこうキラキラしてる女子っぽいやつだったから余計に。」(30代/通信)

女の子らしい整頓グッズで身の回りのものをきれいに整頓できちゃう女子って、女性でも憧れちゃいますよね。男子もそんな様子を意外と見てるようです。彼のハートを射止めるために、まずは身の回りの物をきれいに整頓してみましょう。自然と気持ちも前向きになれそうです。

おわりに

男子って、意外と女子のことを見ています。ドキドキさせるポイントは日常のなかに潜んでいることも。私ってセクシー系じゃないから…と諦めるのは早すぎます。まずは小さなことからはじめて、彼をドキドキさせる女性になりましょう!(ちーぬ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事