2017.03.19

「あ、やっぱり結構です」恋愛対象外にされちゃう言動とは?

好きな男子といい感じになったのに、お付き合いすることなく、いい友達のまま…というもどかしい状態、嫌ですよね。でも男子だって『付き合いたい!』って気持ちもあったけど、スーッと恋心が冷めてしまうポイントがあるのだそう。男子は女子のここを見て、萎えるみたいですよ。

【テレビは◯◯しか見ない】

「『私、テレビはニュースしか観ない。だってバラエティ番組とか別に見なくても生きていけるし』って言われた瞬間、この子とは一緒に暮らせないなぁと思った」(29歳/男性/ IT)

お互いニュースしか観ないのなら相性抜群かも! でも観たいテレビが全然違うとなると、一緒に暮らすときにネックになりそうなだけでなく、普段なんとなく見ているテレビだからこそ、そこが合わないと趣味嗜好が合わないように感じてしまいます。一生活の一部分となっているものが合わないと、「長くやっていけなさそうだしなあ」と感じて、気持ちも冷めてしまうようです。自分の生活をムリに変える必要はありませんが、自分とは違う価値観にも寛容な姿勢を見せる必要はあるかも。

【キラキラ女子アピールがひどい】

「ネット系のビジネスをしている子と仲良くなったけど、SNSを見たら高級ホテルで女子会している写真とか、私はこんな簡単に稼いでいるよ!毎日幸せ!的なリア充アピールがひどくて冷めた」(27歳/男性/証券)

SNSで私生活を公開している女子も多いでしょう。気になる女子のSNSはやっぱり覗きたいんです。覗いた時に、ゴージャスすぎる生活をしていると知ったら…『俺がいなくても十分楽しそうだな…』と、浮世離れした生活に彼の恋心がしぼんでしまうかも。

【距離のはかり方を知らない】

「初めてふたりでデートした帰りにエレベーターで『ほら今誰もいないよ!キスのチャンスだよ!』って酔った勢いで体を寄せてきてちょっと引いた…。消極的な子よりはやや積極的な女子の方がいいけど、人との距離の縮め方を知らない子は苦手」(31歳/男性/貿易)

肉食系女子の皆さん…、あまりガツガツアプローチすると男子は引いてしまうようです。男子と早く仲良くなりたい一心で積極的になりすぎると叶う恋も叶わぬ恋になってしまうことも。

【服にたくさんの毛玉】

「後輩の子で一人いいなと思ってたんだけど、小柄で可愛らしい顔は本当にタイプなのに、カーディガンに毛玉がかなりついてて、なんか恋の対象ではなくなった。毛玉は結構萎える」(28歳/男性/金融)

確かに毛玉のついた服はズボラ感が漂います…。いつ誰が見ているかわからない学校や会社、しっかり毛玉はオフしましょう。毛玉に限らず、「ズボラで汚そう」という印象をあたえることは、彼の気持ちを冷めさせる原因になります。バッチリメイクよりも、まずは清潔感を常に大事にしておきましょう。

【男と張り合う】

「『いやあの男より私の方が仕事できっから!』とか『営業してんのに飲めないの!?終わってるね!』と男勝り…というか男と張り合って、男を見下す人だと知った瞬間恋愛対象外になった」(30歳/男性/営業)

しっかりものに見られたくて、または照れくさくって、こんな言動をとっている女子もいるのでは?でも、男子からしたら男勝りな女子を「女子」と見るのはちょっと難しいのかも。恋を発展させたいのなら、すこし女子らしく、言葉使いや動作を気をつけたほうがいいですね。

【おわりに】

いい感じの男子がいるのに、どうしても友達以上恋人未満の宙ぶらりんな関係になってしまう女子は、もしかしたら男子の前で上記のようなことをしてしまっているかもしれません。付き合うまで段階では、案外、恋心は簡単に冷めてしまうもの。ちょっと自分の行動を気をつけてみたほうがいいかも。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事