2017.03.20

好きすぎて困るよ…!男子が「この子を大事にしたい」と感じる瞬間

時間とともに彼から雑に扱われてしまう女子もいれば、長く大事にされ続ける女子もいます。その差はなんなのでしょう?
 付き合う彼が悪いのだと思うかもしれませんね。いやいや、どんな男子だって「大事にしたい!」と思える女子に出会ったらきちんと接してくれるんです。今回は男子が「この子を大事にしたい」と思う瞬間をご紹介します。

1.一生懸命尽くしてくれたとき

「忙しくてあまりデートもできてないのに、俺の家に来て掃除をしたり、作り置きのおかず作ってくれたりと、自分に尽くしてくれる姿を見たら大事にしなきゃなと思う」(30歳/男性/IT)

一生懸命見返りを期待せずに愛情を注いでくれる彼女は、愛おしく感じられるもの。そんな尽くしてくれる彼女を無下にする男子はそういないはずです。かといって「じゃあ、大事にされたいから尽くそう」と打算で尽くしても彼の心は動かないかも。大事にされたいのなら心から相手のことを思うようにしましょう。

2.合コンを断っていると知ったとき

「友達から『〇〇ちゃん、合コン誘われても彼氏いるから行かないってちゃんと断ってたよ』と聞いて、身持ちが固い子なんだなともっと好きになった」(27歳/男性/不動産)

彼女から直接「合コン断ったよ♪」と聞くよりも、第三者から「あの子合コン断ってたよ」と聞いた方がなんだか真実味があって嬉しかったりするものです。彼だってあなたの身持ちの固さを知ったら余計に大事にしなきゃと思うはずです。
知らないところであなたの行動が彼の耳に入ることもありますから、油断せずにいましょうね。

3.過去の恋愛で痛い目に遭っていると知ったとき

「過去にダメンズを養っていた、とか浮気を散々された挙句振られたなど聞いてしまい、俺が幸せにしてあげないとなと思った」(29歳/男性/証券)

「俺が幸せにしてあげなきゃ!」「守らなきゃ!」と庇護欲を掻き立てられる女子は彼に大事に守ってもらえること間違いなし。彼の前では強がるよりも素直に弱い部分を出した方がいいのかも。特にそれが恋の傷であるならなおさらです。

4.常に「女」でいてくれると感じたとき

「付き合って何年経ってもオシャレに手を抜かず、常に「女」でいてくれる彼女に感謝。おかげで仕事も頑張れます」(33歳/男性/アパレル)

付き合って関係が落ち着いても、ファッションやメイクなどに手を抜かず、常に「女」でいる彼女であれば、彼も他の男に取られまいと愛情を注いでくれるでしょう。彼に大事にされたいのなら、女でいる努力を忘れずに。

5.100%信用してくれていると思ったとき

「連絡が遅れても、飲み会で帰りが遅くなっても変に疑わずに俺のことを信用してくれる」(29歳/男性/営業)

誰だって自分のことを100%信じてくれる人を雑に扱うことなんてできないはず。反対に、疑ってばかりいる人のことは同じように疑いたくなるものです。彼を変に疑うのではなく、心から信じてみましょう。そうすれば彼もあなたの事を疑わず愛してくれますよ。

おわりに

ずっと彼に大事にされる女子は、彼の「この子を大事にしなきゃ!」という気持ちを引き出すのが上手なのかもしれません。まずあなたが彼を大事にすれば、きっと彼もあなたのことを大事にしてくれるはずです。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事