2017.03.24

男性ドン引き!飲み会でやりがちなNG服装のポイント

春が近づくと歓送迎会が増えてきますよね。そんなときこそ気をつけたいのが場にふさわしいファッション。あなたはこんな服装で参加しちゃってませんか?今回は歓送迎会で気をつけるべきファッションを紹介しますね。

◆ 胸元がゆるい

「胸元がクタクタな服を着ている先輩がいた。物をとったり、しゃがんだりすると中が丸見え。みっともないと思いました」(27歳/公務員)

「胸元が開いていて、中の下着が丸見えでした。寒いのでババシャツ的なものを着ていて色気もゼロでした」(25歳/製造)

「オフショルダーを着ている子がいました。それはいいと思うのですが、動くと肩がずり下がって下着が見えました。席も近いしいろいろと動くので背中の毛が気になってしょうがありませんでした」(25歳/販売)

なにかの拍子にチラリと見える胸元は男性にとってはセクシーかもしれません。でも歓送迎会という少しフォーマルな場で胸元が丸見えというのは考えものです。また、ゆるゆるに開いてしまって丸見えな胸元は、チラリズム精神もなくもはやセクシーとは言えないでしょう。

◆ 座敷にスカートで来てしまう

「飲み会の場所を事前に確認しなかったので、当日座敷であることが判明。膝丈のスカートも座るとミニスカートに。落ち着いて飲んだりできませんでした」(27歳/メーカー)

「スカートをはいてきた同僚が、お座敷で立ったり座ったりするときに案の定パンチラしまくっていた。未だに覚えています」(28歳/IT)

歓送迎会などの飲み会はスカートの丈に気をつけましょう。デキる社会人は飲み会のお店を事前にチェック。どんな場所で開かれるのかを想定して服装を選ぶものです。無駄なパンチラは自分も周囲もヒヤヒヤしてしまいますし、残念な印象を与えてしまいますから、避けるようにしましょう。

◆ 靴下がダサい・汚い

「靴を脱いであがるとは知らずに、ド派手な靴下を履いていってしまい恥ずかしかった」(28歳/マスコミ)

「靴下に毛玉がたくさんついている同僚がいました。ものすごく生活感が出ていました」(25歳/営業)

こちらも事前にお店をチェックすれば起こらないこと。普段は隠れていてわからないですが、お座敷などの場合には丸見えですのでしっかり外に見せても良いものを履いていきましょう。一次会はテーブル席でも盛り上がって参加した二次会・三次会がお座敷なんてこともありますから、どんな飲み会でも気をつけておくのが無難。また、ストッキングを履く機会が多い人は予備のストッキングをカバンに常備しておくと電線したときなどに便利ですよ。

◆ 匂いがきつい

「飲み会に行く前に化粧を直したのか、横に座って異常に化粧くさい子がいた。夜の会だからわからなくもないけど、においがきついのは厳しい」(27歳/販売)

「飲食店に香水をばっちりつけてくる子はマナー違反だと思います」(30歳/放送)

歓送迎会関係なく、お化粧や香水などきついにおいを体につけて食事の場に参加するのはやめましょう。いくら男性と席が近いからといって、気合を入れすぎると逆効果です。もし飲み会に参加する前に化粧を直したり、香水をつけ直したりするときは注意が必要です。

おわりに

歓送迎会など大きな飲み会で失敗ファッションをさらしてしまうと、男性の記憶にも残りやすいもの。しっかりと事前にチェックをして、適した服装で臨みましょうね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事