2017.04.03

既読スルーのほうがまだマシ…!男子がつい未読スルーしちゃう理由

コミュニケーションに欠かせないLINE。「既読」という文字がつくおかげで、相手がLINEを読んだのに返してくれない…ということまでわかっちゃいますよね。さらには読んでももらえず「未読スルー」にヘコむこともあるでしょう。でも、なかなか読んでくれないのにはちゃんと理由があるようです。
今回は、男子がつい未読スルーしちゃう理由をご紹介します。

1.相手に興味がないから

「たいして好きでもない相手からしつこく連絡されても嬉しくないし『またかよ〜…』ってうんざりする」(27歳/男性/建築)

「気になる子からLINEが来て未読スルーする男子はいないでしょ。未読スルーって送信相手次第。優先順位が低い相手からなら未読の時間も長くなる」(30歳/男性/IT)

残念ながら、彼は脈ナシかもしれません…。この場合、読んでくれないからといってしつこくLINEを送り続けてしまったりすると、余計に印象が悪くなってしまうことも…。
中にはあえて「脈ナシです」ということを示すために未読スルーをしている場合もあります。おとなしく引き下がったほうが身のためかも…。

2.やり取りが苦手で時間がかかる

「そもそもLINEのやり取りが苦手。既読をつけたら返信しなきゃいけない義務感がいや」(27歳/男性/証券)

「既読」という文字が彼にプレッシャーを与えていることも。律儀な男子ほど「既読にしたらすぐ返信しなきゃ…」と思うあまりに、なかなか返信できずにいるのかも。シャイだったりマジメだったりする彼なら、気長に待っておくのが良いかもしれません。

3.忙しくて読む時間すらない

「忙殺されている時にLINEをもらっても、読む時間ないし、返信する時間もない。無視している意識はないんだよね」(31歳/男性/商社)

「返信なんて30秒でできるじゃん!」と思うかもしれませんが、多忙な男子はスマホをいじっている時間の余裕も心の余裕もないのです。気になる女子から来たLINEでさえも、つい未読スルーしがち。忙しいと言われたりした経験があるのなら、少し連絡を控えた方がお互いのためにいいかも。

4.わざと未読スルーして相手の反応をみている

「まだ相手の好意がよくわからないとき、わざと数日未読にして反応を伺う。プライドがそこまで高くないかつ自分に好意を持ってくれている子は、1週間以内にまた違う内容でLINEをくれることが多い」(28歳/男性/広告)

わざと未読スルーをして相手の反応を見ていることもあるそう。彼のことが好きな女子からしたらブロックされたのかな? それとも気づいてないのかな? とモヤモヤしますが、彼も同じように好かれているかどうか不安なのかも…。未読が数日続いたら会話を変えてLINEを送ってみるのもいいでしょう。

おわりに

連絡手段に欠かせないLINE。とても便利な反面、不安材料になることもありますよね。男子が未読スルーしちゃうのには、さまざまな理由がありますが、どんな場合でも少し日が経ってからLINEを送った方が安全かもしれません。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事