2017.04.05

「会いたい」はNG!?男子が「依存心が強くて無理」と思う女性の行動

彼のことを好きになるほど、「できるだけ多く会いたい」、「毎日でも連絡を取りたい」と思うようになりますよね。

でも、「彼女とは程よい距離感を保っていたい」という男性は多いので、彼との時間を求めすぎると重荷だと思われてしまうかも…。

そこで今回は、男性が「依存心が強い」と感じる女性の行動についてリサーチしてきました!

1.「嫌いにならないでね」と言って泣く

「付き合ってるときに『嫌いにならないでね』って言う女の子はけっこう多いけど、それで泣かれると引いちゃうかな。さすがに重いよね。」(SE/28歳/男性)

好きな人には「嫌われたくない」と思うものですよね。でも、気持ちが強いあまりに感情的になりすぎると、その姿を見て引いてしまう男性が多いので、気持ちの伝え方には気を付けてください。

「彼と離れたくない」という気持ちは、ポジティブな言葉で伝えるのが最適。「嫌いにならないで」よりも、「大好き!」と言ったほうが男性は嬉しいと感じてくれますよ。明るい笑顔で、「好き」と伝えましょう。

2.休みを彼のために空けておく

「休みのたびに会いたいって言われると困っちゃいますね。友達とも会いたいし、やらなきゃいけないこともあるし…。」(建築士/27歳/男性)

彼と会う時間を作るためにスケジュールを空けすぎていると、「オレも空けとかなきゃいけないのかな…」と負担に思わせてしまうかも。付き合うことに義務感を感じると、気持ちが離れてしまう男性が多いようなので要注意です。

男性的には、「会える時に会う」というスタンスが理想的。誕生日やクリスマスなどのように日にちが決まっているとき以外は、デートの約束を成り行きに任せてみると関係が長続きするかもしれません。

3.寂しくなるたびにLINEを送る

「寂しくなる時があるのはしょうがないけど、頻繁に『寂しい』ってLINEが送られてくるのは困っちゃいますね。会ってあげたいとは思いますが、いつも会えるわけじゃないんで…。」(大学生/21歳/男性)

会えないときに「寂しい」と感じるのは、彼のことが大好きだからこそですよね。でも、「寂しいと言われてもどうしようもできない…」そんな場面もありますから、あまりに求めすぎるのはNGです。

なかには「寂しいときには遠慮なく言ってほしい」と言う男性もいます。だからといって彼の言葉に甘えすぎてはダメ。寂しくなることが癖になると、ちょっとしたことでも寂しいと思うようになるからです。時には我慢も大事ですよ。

4.彼のことをブログやSNSに書く

「ネット上にボクとのことを書かれるのは苦手ですね。誕生日とか記念日くらいなら許せますが、SNSとかの書き込みがボクのことばかりだと『依存ヤバくね?』って思っちゃいます…。」(大学生/20歳/男性)

彼とのデートで「わ~!」っと気持ちが盛り上がり、「誰かに伝えたい!」と思うこともありますよね。だからといって彼とのことをSNSに書きすぎるのはNG。カップル間のことを他人に知られたくないと思っている男性が多いからです。

女性のSNSの書き込みは、男性が「彼女の依存度」を見極めるポイントのひとつなのだとか。あまりに恋愛のことばかり投稿していると、「依存心強いな」と思われてしまうかも。SNSへ彼のことを書き込むのは控えめにしてください。

おわりに

恋をすると、「楽しくて幸せ」と思うことが増える一方で、「寂しくてつらい」と思うことも多くなりますよね。寂しいときには感情的になって、時には彼に無理を言ってしまうこともあるでしょう。

彼女のことを重荷に感じて「嫌になる」男性は多いので、彼と長く付き合っていくためには「距離を保つ」ことも大切です。「会う頻度」や「連絡の取り方」などの彼とのベストな距離感を探してみてくださいね。(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事