2017.04.13

将来を意識、遠距離…。ルールが必要なカップルって?

「カップルはルールを決めたほうが良い」
「ルールを作るカップルは長続きしない」

このふたつの考え方、どちらが正しいのでしょうか。実はこの議論、片方が正しい・正しくないというものではなく、カップルの付き合い方によって違うのです。重要なのはふたりの関係性に合わせて、うまくルールとつきあっていくこと。では、「ルールを決めたほうが良いカップル」って、一体どのような特徴を持っているのでしょうか。

1. どちらかが忙しすぎる

「私の彼は多忙なので、音信不通も日常茶飯事だった。それがストレスだったので、『せめて週に1回は連絡をするように』と伝えました」(25歳/接客)

片方があまりに忙しいと連絡もおろそかになってしまいがち。そうすると「何で連絡が来ないんだろう…」と、ずっと相手からの返信を待ち続けてしまいます。またデートもいつできるかわからないので、「もしかしたら急なお誘いが入るかも!」と約束もしていないのに休日を空けてしまい、結局1日をムダにしてしまうことも…。このようなすれ違いを防ぐためにも、どちらかが多忙な場合には「1日に○回は連絡を取る」「最低でも1ヵ月にX回はデートをする」などの「最低限ルール」を決めるべきでしょう。

2. 遠距離恋愛

「彼とは1年遠距離をしているのですが、週末はかならず電話をする、電話ができないときは前もって伝えるなどのルールを決めています。おかげで遠距離もそれほど苦じゃなくなってきました」(24歳/経理)

遠距離恋愛は直接会うことがなかなかできないため、ふたりだけのルールを作っておいたほうが自然消滅も防ぎやすくなります。「イメチェンをしたら写メを送る」「何か変わったことがあったらすぐに連絡をする」などのささいなルールを決めるだけでも、ふたりの心の距離は近くなるでしょう。ただし相手を拘束するようなルールはNG。お互いに話し合った上で、信頼関係が築けるルールを決めるようにしましょう。

3. 浮気グセがある

「彼氏はもともと女好きで。なので、彼と付き合いはじめてからは毎日連絡をしてくるように義務づけています」(21歳/大学生)

彼氏の浮気や女グセで悩んでいる場合も、ルールを決めたほうが良いみたい。あまりにもルールで束縛しすぎると、逆に羽根を伸ばしたくなって…なんてこともありますが、「家に帰ったら連絡すること」など、彼に約束を守らせることで少しずつ浮気を減らすこともできるかもしれません。彼の1番になりたいのであれば、ルールを守ってもらえるよう、根気よく訴えていく必要がありそうですね。

4. 結婚を意識している

「私の両親はいつも小さなことでケンカをしていたんです。私はそうはなりたくなかったので、結婚を意識した彼には『悪いことをしたらお互いにきちんと謝るようにしようね』とあらかじめ約束をしました」(27歳/公務員)

ただ漠然と彼との結婚をイメージしていても、前には進めないもの。本気で彼と結婚したいのであれば、ふたりの価値観を近づけられるようなルールを定めておきましょう。同棲をしているカップルなら「水は出しっぱなしにしない」「脱いだ服は自分で片付ける」など、生活の基本的な部分も決めておくと良いかもしれませんね。

おわりに

付き合いはじめの頃の原点に立ち返るためにも、小さなルールを作ることは悪いことではないのかも。これらの状況に当てはまるカップルは、ぜひルールの導入を検討してみてくださいね!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事