2017.04.13

「オレの彼女かわいすぎ…」彼をきゅんとさせるワガママ台詞

「ワガママな女は男性に嫌われる」そう思っている女性も多いでしょう。しかし、実はワガママの中にも、男性に好かれるワガママが存在していることをご存知ですか?そこで今回は、男に好かれるかわいいワガママ台詞をご紹介!男心をキュンとさせるかわいいワガママは、ふたりの愛を深めてくれるきっかけにもなるのです。

●「もっと一緒にいたいな~」

彼のことが大好きであればあるほど、帰り際は寂しくなってしまうもの。「帰りたくない」と言ったり、なかなか改札をくぐれなかったりという方も、いらっしゃるのでは? 

そんなときには、「帰りたくない」という否定形の言葉ではなく、ポジティブな印象を与えるワガママが効果的。「もっと一緒にいたい」と言葉を変えるだけで、似たような意味の言葉を全然違った形で伝えることができるのです。

マイナスよりプラスの言葉で伝えるのがポイント!わざと終電を逃すといったあざといテクを使う前に、自分の気持ちを素直にぶつけてみましょう。

●「寂しかった」

彼がなかなか構ってくれなかったり、会えない日が続いたりしたときに思う「寂しい」という気持ち。彼に重たい女だと思われたくなくて、寂しい気持ちをつい隠してしまう方も多いと思います。

でも、大好きな彼女と会えずに寂しいのは男性も同じ。しかし、自分のほうから伝えるのはなかなか…というケースも少なくないのです。そんなときに彼女から「寂しかった」というひとことが聞ければ、彼もうれしくて当然ですよね。

ただし、会えないときに「寂しい」「会いたい」と言うと、ただのワガママや彼へのプレッシャーになってしまいがちなので要注意。会えたときに「寂しかった」と伝えて可愛くアピールするのがポイントですよ。

●「好きって言って!」

彼がなかなか愛の言葉を言ってくれないと、「私のこと、どう思っているの?」「どうして好きっていってくれないの?」と言いたくなってしまいますよね。でも、こんな伝え方をしてしまうと、彼は責められているような気分になってしまいます。

そこでおすすめなのが、「好きって言って!」「好きって聞きたい!」といったおねだり!
責める気持ちを、おねだりに変えて伝えることで、彼を「しかたないな~」という気持ちにさせることができるのです。

●「ギューってして!」

彼ともっといい雰囲気になりたい。とはいえ、なかなか女性の口から言いにくいものですよね。そんなときはハグを催促するワガママ台詞で、彼の気分を盛り上げてみましょう。ポイントは「抱きしめて」というよりも「ギューってして!」と伝えてみること。

「ギュー」や「チュー」という擬音語を使えるのは、ハウコレ世代ならでは!かわいい…とやられてしまう男性も多いので、ぜひ使ってみましょう。なかなか手を出してこない草食な彼氏を、誘惑したいときにも効果的ですよ。

●おわりに

かわいいワガママ台詞が使いこなせるようになれば、自分の気持ちが伝えられないというストレスも軽減されていくはずですよ。みなさんもぜひ、彼をキュンキュンさせるワガママ台詞をたくさん使ってみてくださいね!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事