2017.04.15

「ああ、幸せ……」が長続きのもと!彼女といるとき、心がやすらぐ瞬間

恋人と一緒にいると、楽しいことやドキドキすることなど、たくさんあると思います。
けど、やっぱり一番かけがえないのは、安心したり、落ち着いたりする瞬間じゃないでしょうか。

そしてこれは、男子も同じ。
「ずっとこの人と一緒にいたい」って感じる瞬間を、ふたりで大事にしていきたいですね。
そこで今回は、20代男子30人に「彼女といて、心が安らぐ瞬間」について聞いてみました。

1.ただいま


「家に帰るとほっとするじゃん?そこに、『おかえり』と言ってくれる彼女がいるだけで、安らぎが5倍になる」(メディア/25歳)

ひとりきりのお家に帰るのと、家族がいるお家に帰るのとでは、「ホッ」感が違いますもんね。そんな、圧倒的「ホッ」を与えてくれる彼女に感謝しつつ、そんな関係をずっと続けたいと思うのでしょう。
まだ同棲してなくても、たまにでいいので、カレの帰宅に先回りして、「おかえり」とお迎えしてあげましょう。

2.ごろごろ

「何にもせず、ただベッドでごろーってしてるときかなぁ、やっぱり。一人きりなら、ヒマでヒマで仕方がないはずなのに、彼女がいてくれるだけでこんなに幸福感があって、そのギャップにすごい感動する」(大学生/22歳)

たしかに、やってることはまったく同じなのに、これだけ気持ちに差があるって、すごいですよね。そのギャップの大きさに、彼女の存在の大きさを実感するんでしょう。

3.お互い好きなこと

「最近は彼女と家にいるときは、お互いに好き勝手なことをしながら過ごしてる。俺はパソコンいじってて、彼女は雑誌読んだり、スマホいじったり。でも、これが落ち着くんだな~」(公務員/26歳)

これは付き合いたてのカップルはなかなかやらないかも。散々デートとかでいろんなところに行き尽くしたベテランカップルがやりがちですよね。別に何をするわけでもないけど、それでもいつも一緒にいる。なんか、幸せな夫婦になれそうです。
だから、一緒にいるときにカレがスマホとかに夢中でも、必ずしもさみしがらずに、あなたもあなたなりに好きなことをしてみては?案外、お互いに心地いい空間かもしれませんよ。

4.おはよう&おやすみ

「彼女と同棲を始めて一番よかったと思ってるのは、『おはよう』と『おやすみ」が言えることかな。一日の最初と最後に、好きな人と言葉を交わせるって最高」(営業/25歳)

「初めが肝心」とも言うし、「終わりよければすべてよし」とも言うし、「いったいどっち(笑)!」って感じですけど、ようはどっちも大事なんでしょう。
「おはよう」と「おやすみ」を言って、幸せな気持ちで一日をサンドイッチすれば、毎日幸せでいられること間違いなしですね。

おわりに

どうでしたか?付き合いたての頃は、たくさんお外でデートして、ラブラブを高めましょう。んで、十分にラブラブが高まったら、あとはふたりでいさえすれば、何をしなくても幸せ。こんなふうに感じられる関係を作っていきたいものですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事