2017.04.16

諦めるのは早い!脈ナシっぽいけどじつは違う彼のひと言

気になっている彼との会話って緊張しますよね。「〇〇って言われたから脈アリかも」「△△って言われたから脈はナイな」と、些細なひと言でもテンションが上がったり下がったりドキドキすることでしょう。ときには「もう彼とはダメかも…」と思うこともあるかもしれませんが、脈ナシに聞こえても諦めてはいけないひと言もあるんです。

◆ 友達を紹介された

「いいなと思っている男の子に『今度お互いの友達を誘ってみんなで飲みに行こうよ』と言われました。合コンするから誰か連れてきてね、と遠回しに言われたかと思ってがっくりして脈はないなと思いました。でもあとから『ふたりきりだと緊張しちゃって…』と言われて驚きました」(23歳/学生)

「その子のことがもっと知りたくて『今度、俺のバイト先に友達も連れてきてよ』と言ったことがあります。どんな友達がいるのかとか、もっと気楽にいろんなこと知りたかったつもりだったんですが、その子に『他の子紹介しろってことね』とキレられ連絡がなくなりました」(22歳/学生)

気になっている男子に「友達紹介してよ」と言われたら「私じゃない女の子と仲良くなりたいってことか」とがっかりしてしまいますよね。でも彼がどんな目的で友達を紹介してほしいと言っているのか冷静に聞いてみてください。あなたのことをもっと知りたいという深い理由がそこにあるかもしれません。

◆ 下ネタを話された

「一緒にいると下ネタをやたら話してくる人がいました。その人のことは『ちょっといいな』と思っていたのですが、こんなに下ネタを話されるってことは女として見られてないなとあきらめることに。でも後日にその人から告白されてわけがわかりません」(24歳/営業)

「子供っぽいですが、男としてはあんまりノッてきてほしくないなと思う反面、どんな反応をするかもちょっと知りたくて、ついつい気になる子に下ネタを話してしまうときもあります」(22歳/学生)

下ネタを言われたら女として見られていない、もしくは遊び相手と思われていると落ち込んでしまう気持ちもわかります。でも、男性としては「どんな反応をするか見てみたい」「つい言っちゃう」という深い意味のない行動のときもあります。過剰に反応して「脈なし!」と決めつける必要もなさそうですよ。

◆ 元カノの話をされた

「デート中に元カノの話をしてしまって、すごく不機嫌になられたことがあります。『元カノの話ばかりしてなにが言いたいの?』と言われました。元カノとの別れ方が最悪だったので、自分の過去の恋愛も含めてただ聞いてほしいかっただけだったのでショックでした」(24歳/研究)

「ちょっと嫉妬してほしくて、元カノの話をちょいちょいしていたら『素敵な彼女でよかったね!』とキレられました。まったくの逆効果でした」(22歳/学生)

元カノの話をデート中にしてくるのはマナー違反ですよね。でも自分の過去の恋愛や恋愛観などをわかってほしくて話してくる場合もあるということをお忘れなく。体験談にもあった「嫉妬させたい」という子供っぽい理由も中にはあります。こちらもすぐに「脈なし」と決めつけずに、彼の気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

◆ 会話がなくていまいち盛り上がらなかった

「デート中に会話がなくて全然盛り上がらなかったのに、その日の夜に次のデートの誘いが相手からきました。緊張して話せなかったみたいです」(26歳/研究)

嫌なひと言どころか、会話そのものが盛り上がらなかったとしても、まだあきらめる必要はありません。そもそも女性と話すのが苦手だったり緊張している場合もあります。また、体調が万全じゃなかったり、デート先で行った場所に慣れてなかったりといろんな要因があるので、こちらも決めつける必要はありません。

おわりに

彼の煮え切らない態度にやきもきする気持ちもわかります。でもすぐに「脈なし!」と決めつけないで少し様子をみてみてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事