2011.12.06

ナチュラルライフの手始めに!自家製天然酵母(りんご)の作り方・・・是日々修行のベジライフ


便利な世の中です。

お店に行けば、欲しいもの、食べたいものがずらりと並んでいます。

売り場で目移りした挙げ句、つい予定外のものまで購入してしまったり…。


でもちょっと待って!

2011年春の東日本大震災以降、世間の価値観は少しずつ変わってきているように思います。 自然に寄り添う暮らし方を実践する方も増えています。

ここでは丁寧な暮らし方、手仕事、ナチュラルライフを楽しむあれこれを紹介したいと思います。



まずは手始めに、今まさに旬のりんごを使った、

天然酵母の作り方をご紹介します。




天然酵母とは?

「天然酵母」とは、果実や果汁を起こし、酵母を培養させたもので、

人工的なものを加えず自然の力で育てたものです。


原材料からその行程をすべて作り手が確認することができるので、

とっても安心です。そんな天然酵母で作ったパンはまた格別!


味はもちろん、健康志向、添加物が気になる人、

アレルギー・アトピーの子を持つお母さんたちにもおすすめです。

りんごで自家製天然酵母を育てよう





○材料

りんご1個

天然水200cc

蓋付きのガラス瓶(密閉できるもの)

 

作り方1

まず、ガラス瓶を煮沸消毒しておきます。


角切りしたりんごをガラス瓶に入れ、そこに天然水を入れます。

毎日1〜2度、瓶を振った後に蓋を開け、新鮮な空気を入れます。


これを常温で約1週間(季節によって期間はそれぞれ)ほど繰り返します。

作り方2

 

早ければ2日目には小さな気泡がりんごのまわりに着きはじめ、

徐々に気泡が増え、蓋を開けた時に炭酸飲料の蓋を開けた時のように

シュワッと音がするようになります。

 

振った後で元気な気泡が立ち上がるようになれば、完成です。

冷蔵庫へ入れて約1週間、保存が可能です。

 

もちろん、香りの確認、味見は必須。舌にピリピリとした刺激があったり、

アルコール臭かったりした場合は残念ですが破棄してくださいね。

 

 温度差の激しい場所や直射日光の当たる場所はNG

 清潔にしておけば、ほぼ問題はないはずです。



 

自家製酵母でパンづくり



出来上がった酵母液は、1週間くらいで使いきるようにしましょう。

初心者におすすめなのは、酵母液をそのままパンづくりの水分として

利用するストレート法です。

このりんご酵母液には、砂糖もハチミツも入れてないので、

生地にも砂糖を使わずに作るとよりヘルシーなパンに仕上がります。

砂糖・油脂・卵・牛乳を使わない素朴なパン・レシピは

また別の機会に紹介したいと思います。

 

最後に

市販の「ドライ・イースト」を使えば、
もっとお手軽にパンを作ることができます。
でも、時には手間を惜しまず、愛情をかけて、
自然の力と向き合ってみてください。
鼻先をくすぐるりんごの香り、酵母のはじける音を聞きながら、
どんなパンを作ろうか…と想いをめぐらすのもなかなか良いものです。

関連記事