2011.12.06

老けて見えるのはイヤ!若白髪を自分で防ぐポイント




最近、若白髪の人が増えているそうです。それなりに年を重ねての白髪ならば、味わいもあって前向きに考えることもできますが、若いうちの白髪は防げるものなら防ぎたいものですよね。


そこで今回、自分でできる白髪対策をまとめてみました。

そもそもどうして白髪になる?

髪の根本には「毛母細胞」という細胞があるのですが、その中にある「メラノサイト」という色素細胞が髪の毛に色をつけています。


その「メラノサイト」の働きに欠かせないのが「チロシナーゼ」という成分なのですが、それは老化や遺伝、その他の外部環境によって失われてしまうことで、白髪になってしまうと言われています。

対策その1:「ミネラル」いっぱいの食事を

「チロシナーゼ」を活性化するためには、「ミネラル」が大切。これを多く含むのが、亜鉛や銅です。以下が、それぞれの成分を多く含む食材です。


●亜鉛を多く含む食材:レバー、牡蠣、アーモンド、うなぎなど。

●銅を多く含む食材:イカ、タコ、ゴマ、くるみなど。


このほか、たんぱく質やカルシウムなども積極的にとりましょう。





対策その2:無理なダイエットは禁物!

無理なダイエットをすると、体のバランスが崩れ、ミネラルが不足していってしまいます。最近の若い人に白髪が増えているのは、こうした要素も大きく関係しているそうです。


食べる量を減らすダイエットはやめて、運動などを通じて健康的にスリムになるダイエットを目指していきましょう。

対策その3:睡眠はしっかり!

髪の毛の細胞は、夜に活性化すると言われています。つまり、夜更かしをすればするほど、その「髪の活性化時間」をムダにしてしまうことになるのです。


たとえ忙しい毎日でも、しっかりと規則正しい睡眠を心がけましょう。

対策その4:ストレスとたたかおう!

例えば、受験などの時期に急に白髪が増えるということを聞いたことがあるかも知れませんが、実は精神状態(ストレス)も白髪と密接な関係があるのです。


軽い運動をしたり、趣味を楽しんだり、たまにはゼイタクしたりと、上手にストレスを発散しましょう。


これに付随して、白髪を悩みすぎるのは逆効果!気にしすぎると、それがストレスとなって白髪を進めてしまいます。





対策その5:禁煙しよう!

ビタミン不足も、若白髪を進めてしまう原因となるのですが、これは喫煙とも関係しています。


タバコを吸うことで血管が収縮してしまい、ビタミンがしっかりと行き渡らなくなってしまうので、若白髪に悩む人は今すぐ禁煙を

関連記事