2017.04.18

結構ショックです。カレに「彼女、俺のこと信用してないな」と思われる一言

信用してあげることって大事です。
恋人から信用してもらえると、「こっちも誠実でいなきゃ」って気になりますが、逆に、信用されてないと感じると、「どうせ信じてもらえないなら、なんでもいいや」って気になってしまいます。
カレからきちんとまっすぐ愛してもらうためにも、カレに対する不信感を表すような発言は、控えること。
そこで今回は、こういったNG発言について、20代男子30人と一緒に考えてみました。

1.「男って最初はみんな『運命』とか言うよね」

「彼女に『俺たち運命だね』とか言うと、『男子は付き合ったとき、みんなそういうこと言うよね〜』って軽くあしらわれた。それ以来、そういう発言はやめました」(大学院生/25歳)

もちろん運命かどうか、そもそも運命なんてあるかどうかわかりませんけど、こんなの「そうだねー。嬉しい」ってどうして言ってあげられない? 
そうすれば、カレはあなたのことを「運命の人」と思って一生懸命大事にしてくれるのに。
自分だけ大人で恋愛慣れしたつもりで、せっかくカレが「運命って感じるほど好き」って伝えてくれてるのにそれを突っぱねても、カレを傷つけるだけですよ。

2.「浮気するなら、バレないようにね」


「「バレないように浮気してね」って言われて、俺が浮気するのが前提かよって思って、テンサゲだった」(大学生/20歳)

テンションが超下がったんですね、わかります。
これも、「万が一するなら」って保険の意味なんでしょうけど、「どうせあんた浮気するんでしょ」とか「別に浮気されたってそんなに悲しくないけど」的な冷めた発言にとられかねませんね。言うとしても、せめて言い方には気をつけましょう。

3.「友達には付き合ってること内緒ね」

「交際してることを公表してくれないと、それだけで傷つくよね。すぐ別れるかもって思ってるのかなーって」(専門学生/20歳)

彼女としては、周りにイジられたりネタにされるのが嫌なのかもしれませんね。でも、言われた方としては「自分って、自慢できない恋人なんだなぁ」とか「自分との交際が長続きしないって思ってるのかなぁ」とか考えちゃいそうですね。
公表しないにせよ、ちゃんとあなたなりの理由を話して納得してもらうべきです。

4.「親はまだ早いよ」

「今度帰省するとき、彼女を連れて帰ろうかと思ったら、『えー、まだご両親に会うのはいいかな』って言われて凹んだ。別に、深い意味じゃなかったんだけどな……」(公務員/22歳)

これは難しい問題かもしれませんね。深い意味じゃなくても、カレの両親に会うっていうのはハードルを感じるのは仕方がないことだと思います。でも、カレとしては、「長いお付き合いをしたいからこそ、ちゃんと紹介したい」ってことなんでしょうから、その思いをくんであげるのも、大事だと思いますよ。会うときは、ちゃんと彼にアシストしてもらえばいいんですから。

おわりに

「信用って言っても、まだカレのことそこまで知らないし……」と思う気持ちもわかります。
が、知らないからこそ、まずは信じてみるというのはどうでしょうか? それで裏切られたって、カレを失うだけで、また新しい人見つければいいだけ。むしろ、信用してあげないと、カレだっていつまでもテキトーな不誠実な態度が続いて、いつまでも信用できる男になってくれませんよ。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事