2011.12.06

健康嗜好でいきたい人に!野菜・果物のワックスをとる方法

 
最近、健康志向の流行を受けて、野菜などでも自然農法などが流行っています。
でも、そうした野菜を選んでいくと、どうしても値段は高くなってしまうもの。なので、いつもの野菜も、ちょっとした工夫でできるだけ体にやさしく食べる方法を実践したいところです。

そのためのひとつの方法として、今回は野菜のワックスを取る方法を紹介します。

重曹を使う!

食事に使ったり、掃除に使ったりといろいろな活躍ができる重曹ですが、実はワックスを取るのにも効果的。重曹は「アルカリ性」が強く、ワックスを分離させつつ削ぎ落とすことができると言われているのです。


作り方はかんたん。ボールに、重曹を大さじ2~3杯分くらい入れ重曹水をつくります。その中に野菜・果物同士を入れて、キレイなスポンジでやさしくこすりながら洗っていきましょう。

塩で洗う!

塩は粒子が細かく、表面をキレイに研磨してくれるチカラがあるので、ワックスをキレイに削ることができます。


野菜や果物の表面に軽く塩をまぶして、手で揉むようにこすってください。その後、水で流せば完了です。

茹でる!

ワックスは、冷水で洗っていてもなかなか取れにくいものではありますが、熱湯に浸けることで落ちやすくなりますし、残留農薬も流すことができて一石二鳥


茹でる時間は、トマトなど皮の薄いものは5秒程度、ほうれん草などの葉ものなら1分程度を目安にしてください。

アルコールで!

アルコールには、ワックスを溶かすチカラがあると言われています。脱脂綿やキッチンペーパーに少量を染み込ませて、野菜や果物の皮をやさしくこすっていきましょう。

「野菜洗い洗剤」もおすすめ!

あまり知られていませんが、野菜洗いの専用の洗剤も売られています。「洗剤」とは言え、口にいれても安心な原材料を使っている製品が一般的なので、小さいお子さんがいる家でも安心なはず。


ネットショップを中心に、バラエティショップなどでも販売されているので、チェックしてみてください。

おわりに

いかがでしたか?ちょっとしたひと工夫で体に優しい生活を送りたいですね。皆さんもぜひお試しください。

関連記事