2010.02.22

「いらない」→「捨てる」はダメ! 「いらない」→「高く売ってやる」☆ 「ネットオークション」で商品を高く売る裏ワザ 

いらなくなった不用品をそのままゴミに出そうとしている人、ちょっと待った!
ゴミ箱行きになろうとしていたその不用品、もしかしたら、人によってはかなり価値のあるものかもしれませんよ。ネットオークションを利用すれば、あなたの不用品も立派な商品へと生まれ変わります。
売り方次第で、かなりの高い金額で落札されることもあります。
リサイクルショップへもちこんでも1冊100円にしかならなかった本が、ネットオークションでは500円で落札されることは珍しくありません。いや、その倍1000円以上になるかもしれません。

しかし、商品を高く売るには、それなりのコツがあります。
そこで今回は、オークションで商品を高く売るコツをお伝えしたいと思います。


商品を高く売る 5つのコツ

商品を高く売るコツは以下の通りです。

① 写真の摂り方
② タイトルの付け方
③ 商品説明文の書き方
④ 終了時間の設定


などがあげられます。

① 写真の摂り方

写真を撮るのは明るい日差しが差し込む日中がおススメです。
室内で撮影すると思った以上に暗く映ることが多いため、本物の色合いを出すのが難しいからです。

照明をあてるのも悪くはありませんが光をあてると強い影がでてくるので見栄えが悪くなります。やはり写真を摂るなら窓から差し込む光を利用した方がいいでしょう。

② タイトルの付け方

オークションの出品アイテムを探すときに検索を利用する人は思いのほか多いです。
ですから、検索で引っかかるキーワードが含まれた言葉をタイトルにいれることが大事になってきます。「商品名」はもちろんですが、商品名がありがちな名前だと、他の商品に埋もれてしまう可能性もありますので、他の重要キーワードも入れてください。
たとえば、著者が有名な人の場合、その著者方の名前もタイトルの中に入れた方がいいでしょう。

たとえば、【インスパイリングエクササイズ】という産後ダイエットの本(DVD)を出品したい場合、キーワードには、本のタイトルである「インスパイリングエクササイズ」はもちろんですがインスパイリングエクササイズの著者である「Micaco」さんの名前を入れた方がいいでしょう。

また、商品をほとんど使用していなければ、【新品同様】とか【美品】と目立つよう、
一番前に付けておくと評価は高くなり購入してくれやすくなります。

③ 商品説明文の書き方

商品の説明で大切なことは、分かりやすく正しい情報を表示することが大切になってきます。「商品の名前」「メーカー名」「サイズ」「色」「型番」「付属品」「商品の状態」など
購入者が最低限必要だと思う情報を必ず入れてください。

高く購入してほしい気持ちがあったとしても嘘をついてはいけません。傷があったら正直に「○○の部分に多少傷があります」と正直に書きましょう。汚れの場合も同じです。

箇条書きにまとめた方が読みやすいと思います。

最近では、オークション出品用のテンプレート配布サイトが数多くあるようです。
女性向けのかわいらしいテンプレートやすっきりシンプルなテンプレートなどお好みの出材の商品説明が簡単につくれますのでいかがでしょうか。

http://asd.sakura.ne.jp/index.html

http://homepage2.nifty.com/yamboo/

④ 終了時間の設定

商品を少しでも高い金額で落札してもらいたいなら、入札者が入札しやすい時間に終了する設定が大切です。その方が、オークション終了時間間際に入札者同士で競いあってもらった方が高い金額で落札されやすいですからね。

では具体的には何時ごろにオークション入札者が多いのでしょうか?一般的に言われているのが、夜10時ごろから0時ごろが一番オークション利用者が多いとのこと。 ですので、オークション終了はその時間帯が良いかもしれませんね。

しかし、子育て中のママをターゲットとした商品(子供服やおむつ、ベビーカー)などの場合、ターゲットであるママさんたちは子供と一緒にすでに就寝している可能性が大きいので、昼間(午前10時ごろから午後4時ごろ)を終了時間帯とした方がいいでしょう。

では、曜日はいつがいいでしょうか。曜日に関してはいろいろな意見があります。
たとえば、アクセス数の多そうな週末がいいと言っている人もいます。
また、入金や発送がすんなりスムーズにできそうな平日がいいという人もいます。

私のおススメは平日です。運よく入金がその日の夜に終了すれば、次の日には発送ができるため取り引きもすんなりいきます。商品を1日でも早めに発送すれば落札者の方にも喜ばれるのが、平日を入札終了日に設定した方がいい理由です。

有料オプションで注目度アップ!~「注目のオークション」を利用してみよう~

商品数が多いのがネットオークションの特徴。あなたの商品がたくさんある商品の中に埋もれてしまっては困りますよね。一人でも多くの人の目に留まるように有料オプションを利用するのもいいかも知れません。


たとえば、ヤフーオークションならば、「注目のオークション」という有料オプションなんていかがでしょう。このオプションは、各カテゴリ[商品一覧]ページ、そして、[検索結果]ページで、ページ上部の[注目のオークション]として表示されるというメリットがあります。これならば、他の商品よりも目立ちます。人の目に留まりやすいので落札されやすいですよね。

「 注目のオークション」の利用料金は定額ではありません。
実は、この利用料もオークションのように、利用したい人が入札して値段を決めます。

1日あたり10円(税込10.50円)から1円単位(税込1.05円)で、高い金額を設定した商品ほど、上の方に表示されるしくみとなっているそうですよ。

詳しい使い方は、ヤフーオークション「ココがすごい!注目のオークション」をご覧くださいね。

http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/option/featured/index.html

■ 儲かるオークションのおススメは、「海外オークション」 

海外オークションを利用していらなくなった物を出品してみてはいかがでしょう。
とはいっても気になるのが送料ですよね。

そこで損しない送料のポイントをお伝えいたします!

海外オークションを利用するなら、
出品する商品は「立体的なもの」ではなく、「封書で送れるもの」にすることです。

これなら、海外に送ったとしてもそれほど送料はかかりません。

たとえば、日本独特の絵がかいてあるはがきとか、いらなくなった着物でつくった
しおり、または、コースターなどいかがでしょうか。

きもの柄に描かれてある日本独特の雰囲気は海外の方に好まれますし、送料もさほどかからないのでおススメです。

さいごに

「オークション」について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
オークションに出せば、どんな商品でも必ず売れるわけではなく、売るためにはそれなりの努力と工夫が必要となってきます。

不況のこんな時代だからこそ、よりよく賢く生活していきたいもの。
今回のオークションテクニックを参考に、少しでも高く売れるようがんばってみてください。

関連記事