2017.04.20

元カレを忘れられないときは「忘れない」と決めてしまうといい

元カレのことが忘れられない、かといって、復縁できる状況にもない、さてどうすればいいんでしょうか? 
今回はこんなお悩みにお答えしたいと思います。

■忘れなくていいと思います

元カレのことが忘れられないのであれば、忘れなきゃいいと思います。なにも意地悪でそう言っているわけではありません。
あなたの心が、あなたの意思に反して、「覚えていたい」と思っているから、忘れられないわけですから、心の命令に素直に従って、元カレのことを「忘れない」と決めちゃえばいいです。

***

とは言うものの、やっぱり過去のことに心が縛られていたら、新しい恋を始められないし、生きていてもちょっと苦痛でしょうから、多くの場合、どうやってその苦痛から解放されるのか?というのを知りたいのだろうと思います。
どうしたらいいのか?

■髪型を変える?

これは残念ながら、時期を待つしかないです。
つまり元カレのことが忘れられない時期というのは、思い出の中の元カレと一緒にすごす時期だということです。
苦しいでしょうし、新しい恋をしていたら新しい恋に集中したいのに、集中できずつらいかもしれません。でも、あなたの心の動きという、あなたの意思を超えたものが、あなたに元カレを忘れさせないようにしている時期だから、あなたの意思だけで、どうにかできる問題ではない。

***

もちろん、元カレのことを忘れるためのハウツーって、ネットでちょっと調べたら出てきます。たとえば新しい洋服を買うといいとか、髪型を変えたらいいとか、およそ誰もが思いつく限りのことが、ネットには出ています。
髪型を変えたら、元カレのことをきれいさっぱり忘れてしまえるのであれば、そうすればいいと思います。

■忘れない努力

でもそれでは忘れることができない場合は、あなたの心の中で元カレのポジションが決まるまでずっと、元カレのことを「忘れない努力」をするといいです。
思い出の中の元カレって、たいていの場合、あなたになんらかのメッセージを発信しています。そのメッセージは、あなたに、あなたのいいところと、あなたのウイークポイントを教えてくれています。
たとえば「たくさん愛してくれてありがとう」とか、「もっと愛してほしかった」とか、そういう、思い出の中の元カレからのメッセージって、あなたがあなた自身に発信しているメッセージと同じなんですね。
だから元カレのことが「いい思い出になる」ときというのは、たいてい元カレに感謝できたときなのです。
「あんなダメ男とつきあった、わたしの黒歴史」的に、少々自虐的に元カレのことを語る女子もいます。そういう人は、口では元カレのことを「ダメ男」と言っていますが、心の中では、長い間自問自答を続け、元カレに(つまり、あの頃の自分に)感謝している人です。

***

と、まぁこういうことですので、恋愛がめんどくさいと言う女子の気持ちもわからなくはありません。つきあったら、いずれ別れがくる。別れが来たら、またカレのことを忘れたくても忘れられない苦痛が待っている、だから恋愛はめんどくさい、こういう考え方も理解できます。
が、人は誰しも、絶えず誰かに自分を投影したいと思っているのでしょう、気がついたら元カレから心が解放され、新しい恋に(めんどくさい恋に)まい進しちゃっているから不思議です。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事