2017.04.21

恋に落ちる瞬間…!彼の「この子好きかも」が「好き。」に変わるとき

「好き『かも』」という気持ちは、煙が出始めた焚き火みたいなもので、あとほんのちょっとでボワッと燃え上がる寸前の状態。
てことで、大事なのはあとほんと一息、キッカケを与えて、気になる男子の気持ちを本気にしましょう。そこで今回は、20代男子30人に「好き『かも』が確信に変わる瞬間」について聞いてみました。

1.手を繋いだ瞬間

「今の彼女とは、『好きかも』の段階で付き合っちゃったんだよね。向こうから告白してきたから、まあいいかって。で、何回かデートして、あるとき、彼女から手を繋いできて、その瞬間、ドキドキドキってなって、恋に落ちた」(大学生/21歳)

異性と手を繋ぐって、すっごくドキドキしますよね。こうやって、恋人らしいことを形から始めてみることで、気持ちがそれについてくるパターンは多そうです。ここまでするのが難しくても、ボディタッチとかでも効果はあるかもしれません。

2.目があった瞬間


「「あの子、なんかいいよなー」ってなってるときに、目が合っちゃうと一気に好きになってしまうかもしれない」(営業/23歳)

アイコンタクトも、ボディタッチに負けないくらいの影響力がありますね、心に対して。
いわゆる「好き避け」ってやつで、気になり始めると、逆に目を合わせないようにしちゃう子もいるかもしれないけど、それは全くよくないってことがわかりますね。どんどん視線を交わして、刷り込んでいきましょう。

3.「付き合ってんの?」と言われた瞬間

「たしかにお互い意識はしてたかもだけど、まだ友達としてデートしてた時期に、共通の友人から『お前らデキてんの?』って言われて、なんか好きになってしまった」(大学院生/27歳)

恋のキューピッドじゃないけど、いくら恋愛は一対一の関係とはいえ、周りの人の影響も小さくありませんね。イイ感じなはずなんだけど、あと一歩だけ足りないというときには、お友達に協力を仰いで、「ねえ、付き合っちゃいなよ」ってその男子をけしかけてもらうのはいいかもしれませんね。

4.「バイバイしたくない」と思った瞬間

「一緒に遊んで、「あっという間だったな」とか「もっと一緒にいたかったな」と思ったときに、「ああ、俺好きなんだなー、あの子のこと」って実感する」(アパレル/29歳)

お腹いっぱいになるより、腹八分目の方が、また食べたくなるものです、恋も。
付き合う前から終電逃すほど遊んでちゃ、彼だって「もっと」という欲が湧いてきません。
「もっと~したい」と、あなたに対する欲望を湧き起こすことが、「好きかも」に最後の一押しを与えるポイントですね。

おわりに

面白かったのは「エッチしたとき」という答えがなかったところ。
男子は女子と違って、エッチしちゃうと逆に冷めるというか、満足しきってしまって、「付き合う前にエッチできるなら、このままでいいな」と思ってしまうんです。付き合う前にしちゃうと、そのままセフレにされやすい理由がそれですね。みなさんも、付き合うまであとほんのちょっとの男子には、これらのテクを使って、邪魔者の「かも」を消し去ってみましょう!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事