2017.04.22

「愛されている」自信がすべて。彼への過剰なヤキモチを減らす4つの方法

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

付き合っている彼が他の女性と仲良くしているのを見ると、いけないと思いつつ、ヤキモチを焼いてしまうこともあると思います。
男性からすると、ヤキモチもちょっとくらいであればカワイイものなのですが、度が過ぎると面倒に感じてしまうことも。
彼との良い関係を続けるためにも、彼への過剰なヤキモチを減らす、代表的な4つの方法をお伝えしていきます。

1.信頼できる女友達に話を聞いてもらう

ヤキモチをため込んでモンモンしてしまうと、イライラした態度をとってしまいますし、そんな態度をとられた彼も、訳が分からず困惑してしまいます。
あまりため込まないようにも、信頼できる友達に、自分の気持ちを聞いてもらいましょう。

聞いてもらうときは「アドバイスはちょっとでいいから、聞いてもらえると嬉しい」と言うのがポイント。妬いてしまう気持ちに対して、「でも、もっとこうしたら」と言われすぎると自分の気持ちを否定されているような気分になることもあり、余計にストレスがたまることがあるからです。
また、聞いてもらう友達はで女性である方がベスト。
元々男性はアドバイス思考、女性は共感型なので、こういったモヤモヤを聞いてほしいときは、女性の友達の方があっているのです。

2.今までのラブラブなLINEを見返す

ヤキモチは自分と彼の関係性の強さに対して、自信が無くなっていることが原因である場合もあります。「私より、ああいう子のほうが好きなのかな」「私に飽きてきちゃったらどうしよう」のような。

ですから、これまでの彼とラブラブだったときのLINEを見返してみるといいです。

そうやって彼に愛されているという自信を取り戻すといいでしょう。

「ああ、こんな時もあったのだから、彼の気持ちを信じて頑張ろう!」と、そんな前向きな気持ちになれれば、だんだんと嫉妬心も和らいでくるはずです。

3.ヤキモチを焼いていることを素直に伝える

ヤキモチを焼いていることを言わずに、その状況を我慢し続けてため込んでしまうと、感情が爆発してしまうこともあります。

ヤキモチを焼かれていること自体、彼も気づいていないかもしれませんから、突然爆発されてしまったことに戸惑うかもしれません。

そうならないためにも、普段から上手にヤキモチを焼いていることを、直接本人に伝えておくことが大事です。その時は素直な態度で伝えましょう。

たとえばこれは悪い例。「○○ちゃんと最近仲いいね」「○○さんのこと気に入っているんでしょ」と皮肉っぽく遠回しに言うと感じが悪く聞こえます。

そうではなく、「○○ちゃんと仲いいの見ると何かヤキモチ焼いちゃう」「○○さんと仲いいところを見ると、私とももっと仲良くしてって思っちゃう」

といったように素直な気持ちを伝えることです。
これなら彼も責められているように感じませんし、むしろあなたのことが愛らしく思えるはすです。

4.暗示で「愛されている」自信をつけて

先程もお伝えしたように、ヤキモチは彼との最近の関係性への不安、自分に対する自信のなさから来ています。

ですから、彼との関係性を信じること、自信を取り戻すことが大切です。オススメなのが、毎朝鏡に向かって、私は愛されているとつぶやいてみることです。

人は、鏡に映った自分に話しかけ続けると、その言葉が暗示となって、潜在意識に根付いていきます。毎朝、愛されているといい続けていれば、そんな気分になってくるのです。

おわりに

あなたが実践できそうなものはこの中にあったでしょうか?出来そうなものから実践し、あなたのモヤモヤする心を上手にコントロールしてみてくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事