2017.04.26

不安をふきとばせ!彼との愛情を長続きさせるテクニックとは?

転勤や引っ越しなどがきっかけではじまる遠距離恋愛は、お互いに不安なことだらけ。特に、付き合って間もないカップルの場合、「これからうまくやっていけるかな…」とふたりの今後が心配になってしまうでしょう。そこで今回は、遠距離恋愛でも愛情を長持ちさせるテクニックについてまとめました。

1.連絡の取り方を工夫しよう

遠距離恋愛中は、定期的に連絡を取ってお互いの近況を伝え合うようにしましょう。週末はどう過ごすのかなど、予定を共有しておくとお互いに安心です。連絡しても返事がこない場合も、催促はせずある程度待つことを心がけて。彼が落ち着いていそうな時間帯を見計らって連絡をすると、返事をもらいやすいはず。最初は恥ずかしいかもしれませんが、テレビ電話機能で顔を見て話すのもおすすめです。

2.会える時間を大切にしよう

直接会えたときは、お互いが楽しく過ごせるよう心がけましょう。久しぶりに会うと、話したいことややりたいことがありすぎて思うようにいかず、ケンカになってしまうかもしれません。彼とケンカをしないためには、事前に会う日のスケジュールを立てておくのがオススメです。普段忙しそうにしている彼の部屋を掃除してあげたり、自分の家で手料理を振る舞ってあげるなど、愛情を伝えるスケジュールを考えてみて。普段会えない分の愛情を、彼にたくさん注いであげましょう。

3.束縛や干渉はやめよう

遠距離恋愛中は、彼の周囲の状況がわからないぶん彼に近寄ってくる女性がいるのではないかと心配になってしまうもの。彼と離れていると、いつでも彼に会うことができる周囲の女性がうらやましく思えて、嫉妬してしまうのは当然です。しかし、彼に対して必要以上に厳しく束縛や干渉をすると、自由が奪われた彼はあなたのことをうっとうしいと感じてしまいます。遠距離恋愛中は特に彼を信じてあげることが大切です。

 4.記念日や行事は大切にしよう

クリスマスやバレンタイン、誕生日など、恋人の存在が必要な行事や、ふたりの記念日などは、できる限り直接会うようにしましょう。大切な日にどうしても都合が合わない場合、プレゼントを贈ったり電話をかけあったりするとお互いが寂しい思いをせず、愛情を感じられるはず。ひとりで寂しく過ごしていると、「やっぱり遠距離だとなかなか会えなくて寂しい」という気持ちから、破局や浮気にもつながりかねません。

愛情を長くつなぎ止めよう

遠距離恋愛はなかなか会えないぶん、不安や心配がつきまとうもの。そのため、自分の気持ちを大切にしながら、彼の生活や気持ちも尊重してあげることが大事です。お互いが負担を感じない付き合いを心がけることで、ふたりの愛情が長続きするはずですよ。(クヌギ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事