2011.12.09

何回会っても吠えられまくる…犬に好かれる簡単な方法

「どんな犬にも吠えられちゃうだよなぁ」という人、いますよね。
動物は、その人の隠れた人間性を本能で見透かすという話しもあるので、よく吠えられる人は「この人、性格悪いのかな」と思われてしまうものです。

そこで今回は、そんな人のために、犬に好かれるコツを紹介します。

その1:目線を合わせる!

上から見下ろすと犬に恐怖心をあたえてしまうので、犬と目線を合わせることが大切。


まずは、しゃがんで、手のニオイをかがせてあげます。その後に、ゆっくりと頭をなでると吠えられにくくなります。


間違っても、上からいきなりなでたりしないように!

その2:あえて控えめに!

テンション高く「かわいー」と駆け寄られたりすると、犬も余計に警戒してしまうもの。犬と仲良くなるには、恋愛セオリーと同様、「押しと引き」が大切なのです。


警戒心が解けるまで、あえて「引いて」みて、犬の方から近づいてくるのを辛抱強く待ちましょう。

その3:力まない!

犬は、人間以上にその場の「空気」に敏感です。相手(あなた)が緊張していると思ったら、犬の方こそ近づきがたくなってしまいます。


まずは、視線を合わせて笑顔を見せること。そして、あなたの方も「吠えられたらどうしよう」という意識が薄れるまで犬に近寄らず、自分自身の警戒心を解いていきましょう

その4:おしりの方を見せる!

犬を安心させるための方法として、ちょっと恥ずかしい体勢ではありますが、犬に向けておしりを見せるのが最も効果的。


「私は危害を与えません」というのが伝わり、犬との距離を一気に縮めることができます。

その5:香水はつけない!

犬の嗅覚は人間の1億倍とも言われているほど、ニオイに敏感です。そんな犬にとって、香水の強い香りはストレスを感じさせてしまい、敵だとみなされてしまうおそれがあります。


一般的に、犬は生ゴミや体臭など「ナチュラル」なニオイを好む傾向があるので、香水は付けないようにしましょう。

関連記事