2017.04.28

この1日だけ。失恋から早く復活するために、やってみてほしいこと

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

大好きだった彼との別れ。好きであればあるほど、誰でも辛く苦しい気持ちになることだと思います。今まで一緒に過ごしてきた時間と思い出が脳裏から離れず、夜も眠れなくなるかも知れません。

そんな辛い失恋から早く復活するためには、何が出来るでしょうか?
今回は、一日限定でやってみてほしい、失恋に効果的なことについてお伝えします。

1.とにかく一人で泣く

スマホの電源を切り、外部との接触を一切断ち切るために、一人部屋に引きこもります。

そして、その閉ざされた空間で、子供のように思いっきりワンワン泣きましょう。
一緒に、思い出の曲や悲しい曲を流しながら泣くと、曲に感情が乗って上手く吐き出すことが出来るのでオススメです。

人は、悲しみ、怒り、不安などのネガティブな感情を吐き出すことで、気持ちを回復できる力があるのです。ただ、毎日外部との接触を断ち、泣き続けると、逆に気持ちがどんどん沈んでいくことがあります。

最悪、うつのようになってしまうことも……。
必ず、一日限定にしましょう。

2.紙に思いを書き込む

紙に、あなたの不安や怒り、悲しみをずらずら書き連ねることです。
誰に見せるものでもないのですから、遠慮はせず、思っていることを書きましょう。

文字にすることで頭を整理できますし、気持ちを視覚化できるので、客観的な自分を取り戻すことが早くできます。ただし、ツイッターやブログで書くことは、あまりオススメしません。

紙に書くのは、感情が文字に表れるから大事なのです。パソコンヤスマホで打ち込まれた文字には表れません。それに、他の人の目に触れた時に困ります。たとえ素性を隠そうと書いて見たとしても、身バレしないように気を使って書いてしまうので、書きたいことをかけなくなります。

3.思い出の品を捨てる

彼との思い出の品は一日で一気に捨てることが大事です。
「一日に一気に」がポイント。毎日少しずつ捨て続けると、迷いが出るからです。

それに、思い出が長期間残っていればいるほど、どうしても気持ちがそこから離れません。
見るたびに気持ちが沈んできますし、完全に思いを断ち切ることができないのです。
できる限り早く捨てるのが一番なのです。

4.甘いものを食べる

一日限定で、甘いものをたくさん食べると失恋に効きます。
近くのコンビニやスーパーに駆け込んで、普段我慢していたような、甘いものを買い込みましょう。

甘いものは、辛い気持ちを落ち着け、幸せな気分にさせるホルモンを分泌させます。
その原理を活用すれば、今の辛さは和らぐはずです。ただ、あくまで一日限定にすること。長く続けると、健康的によくありませんからね。

おわりに

失恋は時間が解決してくれるといいますが、少しでも早く立ち直りたいと思うはずです。今回お伝えしたようなことを一日限定でやってみることで、少しでも楽になることを応援しています。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事