2017.05.04

なにこの手作り弁当…!男性が恐怖&ドン引きの「やり過ぎアピール」

気になる彼に自分の気持ちをアピールするのは良いことですが、それがあまりにも行き過ぎていると彼から嫌がられてしまいます。
もしかしたらあなたを見た瞬間、「うわぁ…」と彼は逃げるようになってしまうかも…。
そこで今回は「男性が引いてしまうやりすぎ好意アピール」についてリサーチしてみました。

1. とにかく「好き好き」を連呼

「会うたびに『先輩大好きです!彼氏になってください!』と追いかけてくる後輩…。周りからはいじられるし本当最悪です」(22歳/大学生)

付き合っている間柄ならまだしも、そうじゃない女性から好き好き騒がれたら彼もたまったものじゃありません。「マジやめて…」と言いたくなるのも仕方がないでしょう。
それに男性って周りの目を気にする生き物。「お前○○ちゃんから好かれてんじゃん(笑)」「彼氏になってやれば?(笑)」なんてからかわれた日には、恥ずかしさでいっぱいなんだとか。外堀から責めるつもりかもしれませんが、彼にとってはただの迷惑で自分勝手な存在となってしまいます。相手の立場や気持ちも考えた上で、好き好きアピールをするようにしましょうね。

2.いつでもこっちを見ている

「授業中もずーっと俺のことを見つめてくる女子がいる。いや、ちゃんと勉強しなよ…」(21歳/大学生)

たまにチラッと彼を見つめるくらいなら恋に有効ですが、いつでも彼をガン見していてはただ怖がられるだけ。最悪「あの子いつもこっちを見ていて気持ち悪いんだけど…」と思われてしまうかも。鉄板ですが「3秒見つめてから視線をそらす」ほうが、彼もドキッとするはずですよ。

3. プレゼント攻撃

「勝手に俺のぶんのお弁当を作ってきたり、プレゼントに高級時計を渡してきた子がいた。まぁ気持ちはありがたいけれど、正直彼女でもない子にそんなことされても困っちゃよね…」(23歳/営業)

高級品や手作りお弁当など、頼んでもいないのに貢ぎ物を渡されては彼も重く感じてしまいます。彼にプレゼントを贈りたいのであれば、バレンタインや誕生日など、相手のタイミングをきちんと選ぶようにしましょう。そして彼がプレッシャーを感じない値段設定をするべき。あまり高価なものは「どんな見返りを求められているんだ…」と恐怖させてしまいます。また、付き合っていない間柄なのですから、手作り系の食べ物は避けて。関係性が出来上がっていない状態では、「何が入ってるのかコワイ」と思われてしまいますよ。

4. 片想い相手をにおわせるSNS投稿

「『今日も友達とフットサルしているのかな…。彼女として観に行けたらどんなに幸せだろう』『明日の1限遅刻しないよーにねっ!(笑)』と明らかに俺をにおわせるツイートをしている同級生。普通に怖い」(20歳/大学生)

女性からすると「私の気持ちを少しでもわかってくれたら」と思ってやっているのでしょうが、彼からしたらただただ不気味なだけ。「察してちゃん」なその雰囲気には、「付き合うと面倒くさそう」というイメージもプラスされてしまいます。あまりにひどいと、SNSをブロックされてしまうかも。中途半端なにおわせ発言を続けるくらいなら、彼をきちんと呼び出して告白をしたほうが気持ちが伝わるでしょう。

おわりに

やりすぎな好意アピールは、ただの“重たい女アピール”と同じです。
彼にうっとうしがられないような、適度な愛情表現をしていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事